ぐりとなつ 

いつかなかよしになれるかな?
MENU

やさしくしてね。

ぐりが寝ていると

7-1016-1.png

なっちゃんがズンズン近付いていって…

7-1016-2.png

危険を感じた(?)ぐりは
素早く立ち上がって逃げて行ってしまいました。

なっちゃん…。

7-1016-3.png

お前ってやつぁ〜!!
ぐりは病み上がりなんだよ?ひどくない?!


寝転がっていた姉が、ぐりに「おいで」と言うと

7-1016-4.png

あくびをしながら歩いてきました。


そうだね、ぐり。
その毛布に乗って寝たらいいよ!

数分後…

7-1016-5.png

…なっちゃん、お前ってやつぁ〜!!!!
なんで、そんなに意地悪なのか?!

ぐりは病み上がり(まだ通院中だから、むしろ闘病中か?)
なんだから、もっと優しくしてあげなよ!!

でも、ぐりも本当に嫌なら自分の部屋(※姉の部屋)に
戻るだろうから、そんなに嫌ではないのかな?
…と思いたい。



おじさん達が、そんな寝場所争い?をしている頃

にきはひとり悠々と毛布が敷かれた椅子で寝ているのでした。

7-1016-6.png

にきちゃん…そんな顔しないの!(笑)


関連記事
スポンサーサイト

いさましい。

Amazonから届いた箱の中に
我先にと素早く飛び込んだ、うみさん。

7-1011-1.png

なかなかに勇ましい顔をしております。
(いつもの間の抜けた顔よりは…です!笑)

7-1011-2.png

楽しいのか?よかったね〜!


でも、そろそろ出ても良いんじゃない?と、
飼い主が手を伸ばすと…

7-1011-3.png

攻撃してきやがった!
なんなのよ〜!?




勇ましいと言えば、診察が終わった後のぐりも
いつもなかなかキリリとした良い表情をしているんですよ。

7-1011-4.png

診察を待っている間はバッグの中で縮こまっているのですが

何故か終わった途端に『顔だしたい!』と
おでこでバッグの上のメッシュ部分をグイグイと押して来るのです。

7-1011-5.png

そして、こんな顔で待合室を見回しています。


小さい頃から通って居る病院では、こんな事したことはないんですよ。
でも、9月から通院している病院ではいつもこんな感じです。

これは…ぐり的にどういう心境なんですかね?

関連記事

近付いてくる…。

いつの間にかやって来たぐりが…

7-1009-1.png
(なっちゃんの顔が…笑)


7-1009-2.png



7-1009-3.png


7-1009-4.png



7-1009-5.png


こんな時だけ、私に近付いてくるんですよ〜…
(姉は自室で寝ています!)


このやろー!ぐりめぇ〜❤︎
食欲があっていいぞ!!

関連記事

ごはん=つよい猫!

朝から遊んでもらっている
うみ&にきです。

7-1008-1.png

にきちゃんの顔…怖っ!(笑)

7-1008-2.png
(部屋が荒れ放題ですみません!)


なっちゃんも来たー!!

7-1008-3.png

ひとりだけ何かでけぇ〜!!


そして、うみの衝撃の写真が撮れてしまいました…。

7-1008-4.png

身体なげぇ〜!!長すぎる!!!
衝撃の9頭身!!!!(笑)

ジャンプしているのではなく立っています!
ちょいとお腹ぽこっとしてるし…(笑)


そして、毎週、病院通いが続いているぐりですが。

9/30の土曜日にCT検査をする予定で
午前中にぐりを預け、夕方に迎えに行く事になっていました。

それが、お昼を少し過ぎたくらいに先生から
『CT検査の前のレントゲンと血液検査で肺に水が溜まっているのが分かり、
先にそちらの処置をした』との連絡が入りました。

そのままCT検査をすると多少のリスクがあるがどうするか?と聞かれ
今日はCT検査の方はやめて下さいとお願いしました。

肺に水が溜まっていると言うことは、やはり腫瘍や癌の可能性があるということで…。
肺から抜いた水の成分からもある程度分かるというので、検査をしてもらう事にして
その日はぐりを連れて帰ってきました。

その結果が昨日出たのです!
肺から取った水からは腫瘍を示すような細胞は検出されなかったようです。
昨日撮ったレントゲンでも、再び肺に水が溜まったりもしていないようでした。

何だか上手く説明出来ないのですが…(アホですみません!)
今のぐりの現状としては

・鼻水、鼻血→完全に止まっている。いつの間にか鼻詰まりも治ってる。
・突然の肺の水→1週間後は再び溜まってはいない。


治療的な事は抗生剤を注射で打って貰っていたくらいですが…
(あと飲み薬も一週間だけ)
何故か、どんどん元気になっているぐりなのです。

7-1008-5.png

肺に水が…という連絡が来た時は、思わず倒れそうになりましたけどね!(飼い主が…)

取り敢えずCT検査は一旦やめる事にして、このまま様子見をしながら
2週間毎くらいのペースで胸や血液の状態を診察してもらう事にしました。

もちろん、少しでも何か異変があった時はすぐに診てもらいます!


鼻水と鼻血が止まらなくなり、9/11に初めて今の病院に駆け込んだ時は
ぐりの体重は5.1kgになっていましたが、昨日は5.6kgになっていました。
今年のワクチン接種の時の体重に戻っていました。

毎日ごはんをいっぱい食べて、このまま元気になってくれればいいのに…
いや、今回のことで飼い主は確信しましたね!

ぐりはごはんを食べられれば元気になる、強い猫なんだと!
何度も病気になったり手術もしたりしたけど、やっぱり強い猫なんですよ!
ごはんを食べているぐりは、そんな簡単には負けないんですよ!絶対!
もっともっと!まだまだ長生きしますよ〜!!!





もしかしたら、鼻血は点鼻薬の刺激が強すぎたのかもしれない…?
なんて飼い主は猛省しております…(涙)
代替療法はやっぱりそんなに意味がないのかもしれません。
(人間も動物も?)


関連記事

警戒と信頼。

前回にきは
うみに薄いマットを奪われて(?)いましたが

別の場所に置いたベッドには朝も夜も昼(多分)も!
気に入って寝ているようです。

7-1003-1.png
(顔怖っ!)


7-1003-2.png


ここにも時々うみが邪魔しに来ているようですが…


気付くと、なっちゃんにくっ付いてるし!

7-1003-3.png

なっちゃん嫌そう…(笑)



ぐりは取り敢えず食欲もあって元気です。

ただ…ちょっと、いや、かなり私を警戒してますけどー!!(泣)

7-1003-4.png

ごはんが欲しくて部屋から出ようと思ったら私が居るので
『こいつか…やべえな…』とか思って、様子を伺っています!

こんな顔で私を見ているんですよ〜!!

7-1003-5.png

目が怖いわ!!

こんなぐりですが、姉が帰ってきた途端に
部屋からポテポテと小走りで出て来て、姉にごはんをねだります。
一度、私から貰っているというのに!
(私からのごはんはベッドの下まで運ばせ隠れながら食べる)

毎日こんなにぐりを愛し!心配している私に対してこの仕打ち!
ぐりめぇ…!姉のどこがそんなに信用できるっていうの?!
でも、ごはんいっぱい食べて良い子だぞ!!


姉の部屋では、ちゃんとくつろいでいますよ〜…

7-1003-6.png

足…!(笑)

今現在、薬は無理に飲ませたりしていないのですが
(液体なのでスープに混ぜてる)

油断しているぐりを素早く捕獲して、そのまま体重計に走る!
という行動を、ほぼ日課としてるので…それがいけないのでしょうか?
そんなに私が恐ろしいのか?!ぐりよ?!!

だって、体重が減ったりしていないか心配なんですもん…。
飼い主の愛ですよ!愛!!


ちなみに以前のぐりは、抱っこしただけでチビっていましたが(笑)
いつからか、そんな粗相はすっかりしなくなりました!

慣れたのか諦めたのか…じじいになって丸くなったのか。


関連記事