ぐりとなつ 

いつかなかよしになれるかな?
MENU

命日

4月24日、今年もベニちゃんの命日がやってきました。
7年も経ちました。

7-0424-1.png

↑この写真の日付…1996年4月28日ですって!!
もう20年以上の月日が…!?

ベニちゃんは95年の夏生まれなので、もう少しで1歳という頃でしょうか。
かわいいねぇ〜❤︎

5歳年上の兄貴、ジーザスと。

7-0424-3.png

そんなに仲は良くなかったふたりです(笑)


まだまだ若い3〜4歳のベニちゃん。

7-0424-2.png

ちょっとだけ昔話をします。

上のベニちゃんは、新しいアパートに引っ越した頃の写真で
一緒に住んでいた友人(けいちゃん母)が実家に戻る事になり
それを機に私と姉は小さなアパートに引っ越したのでした。
(しかも、そのマンションのかなり近くに!笑)

その数年後、再び仙台に戻ってきた友は
うちから徒歩2分くらいのアパートに引っ越して来ました(笑)


そして近所で茶トラの子猫を捕獲したのです。

それが『アンソニー』です!(私命名!!)
ジーザスと子猫アンソニー。

7-0424-4.png

ダンボース箱からジーザスに攻撃を繰り出すアンソニー。

7-0424-5.png
(この頃から部屋が汚くてすみません!)

寝ているベニちゃんに攻撃を仕掛けるアンソニー。

7-0424-6.png

友人はよくアンソニーを連れて遊びに来ていました。
一度、友人3人が泊まりに来て遊んでいた時に(姉は不在でした)
夜中に気付くと網戸が空いていて、猫どもの姿がない!!となったんですよ。

その頃に住んでいたアパートは1階の部屋で…
瞬間的に「大変だ!あいつら脱走した!」と。
みんなで部屋を飛び出て、暗闇の中を必死で探し回りました。

最終的には何とか3にゃんとも無事に捕獲できたのですが、
夜中に猫の名前を叫びながら、道路に寝そべって車の下を覗いたり
自分らのとても怪しい女たちっぷりに、ほっとしつつも笑いが止まりませんでした。

今となっては、忘れられない良い思い出です。
その時は超必死でしたけどね!!半泣きで探しましたよ!

あの頃は猫たちも飼い主たちも若かったんだなぁ…。


時は過ぎ、今はジーザスもベニちゃんも遠くへ行ってしまいました。

7-0424-7-1.png


そして、アンソニーも
色んなことがあったり、大病から生還したりと波乱万丈だった猫生を終え
先日、18歳で旅立ちました。

7-0424-7.png

ジーザスより8歳、ベニちゃんより4歳も長生きしたアンソニー。
アンソニーは頑張った!

私はアンソニーは幸せな猫生だったと思うな!
ちょっぴり羨ましいな!


これで90年代生まれの男たちは、みんな去ってしまったのかと
やっぱり悲しく寂しい気持ちにもなりますが

7-0424-8.png

それでも、あいつらが今どんなに遠いところに居るとしても
それはそれでいいんだ!

あいつらがどこで何をしていようとどうでもいい。
こちとら飼い主は、勝手に可愛い奴らのことを想っていればいい。
寂しさと悲しい気持ちはずっとここにある。それはもう仕方ない!治らないの!
みんな可愛い。今うちに居る子も居なくなった子もみんな可愛いの!!

何だか、とても執念深い(?笑)飼い主は
ベニちゃんの命日に改めてそう思ったのでした!(怖い〜)


スポンサーサイト

邂逅。

ぐりとにき。
なにやら井戸端会議中ですか?

6-1118-1.png
(これも少し前の写真です)


6-1118-2.png

愚痴りあってる?!!


ふたりの愚痴の元?

6-1118-3.png



6-1118-4.png


この年長者を敬わぬこの態度。
酷い新入り猫ですねぇ…

ぐりも愚痴りたくなるよ!!



ところで話は変わるのですが、今週の水曜日のことです。

その日、姉は仕事が休みで用事を済ませ街中を歩いていたら
元同僚のお友達とバッタリ会ったらしいのです。

お友達は仙台に出たついでに、姉の職場に寄ったところ
今日は休みで姉は居なくて、それでは電話でもしようと思っていたら
その前にちょうど姉と出会ったんですって!(仙台狭いな!笑)

何故、わざわざ姉に会いに来てくれたのかというと
色々と整理をしていたら書類に紛れてこんな写真が出てきたからと。

6-1118-6.png

これは、初代猫のスコティッシュのジーザスの写真ではないですか!

しかも本当に来たばかりの子猫の頃ですよ(耳もちゃんと垂れてるし!笑)
新聞紙入れるやつに入ってるけど…

姉と私と、けいちゃん母が5年間暮らしていたマンション。
今から20数年前(!!)その当時の会社の同僚だったそのお友達が
うちに来た時に撮ってくれた写真が、まさか今頃になって初めて!!
懐かしいやら、嬉しいやら。
やっぱり可愛いねぇ〜♥♥

この写真を届けようとしてくれたお友達と姉が
駅からも職場からも少し離れた場所で偶然出会えたのは
いくら仙台が狭くても、まさしくジーザスのお導きかもしれないぜ!!

こんな可愛いジーザスに会わせてくれて有難うございます。
妹からもお礼を申し上げます。


ジーザスが居なくなって14年と1ヶ月ちょっと。

当時は子猫(?)だった、ぐりも
とうとうジーザスを5才、べにちゃんを1才追い抜いたよ!

おじいちゃんになって初めて膝に乗るようにまでなったよ(笑)

6-1118-5.png

ひ孫くらいの新入り男子に毎日振り回されているけど
まだまだ食欲だけは若者に負けないくらい元気だ!


命日

4月24日はベニちゃんの命日です。
早いもので6年も経ちました。

お皿からカリカリをこぼしまくってるベニちゃん…。

6-0424-1.png

なっちゃんなら
落としたカリカリもちゃんと全部拾って食べるぞ!

寝顔はちょっと似ているかな?茶トラだけに…(?)

6-0424-2.png


なっちゃんを見ていると、ベニちゃんって「丸顔」
だったのかもしれないと、今さらながらに思ったりします。

6-0424-3.png

比べる対象がスコティッシュのジーザスと丸顔のぐりだから
ベニちゃんは鼻が高くてキリッとしてる!と、信じて疑っていませんでしたよ〜(笑)


ついでに、若かりし頃の今よりも真ん丸顔のぐり。

6-0424-4.png

とらふぐか!(笑)

ぐりは今年でベニちゃんの歳を追い越し、我が家で最年長猫になります。

子猫の頃から病院通いばかりして、3度も手術をして
長生き出来ないのでは?と心配していたぐりが一番の長生き猫に…!

ぐりのこれまでを思うと、何とも言えない感慨深いものがありますが
これも2匹の先代猫たちとの生活での経験があるからだとも思っています。
飼い主達も確実に成長しているのだと思いたいのです。
(昔はレベル3くらいだったけど、今はレベル15くらいには…)

なっちゃんは超甘えっ子ですが
ベニちゃんもかなりの甘えっ子でした

6-0424-5.png

つまり、茶トラ男子は甘えっ子…という事なのでしょうか(笑)


もしもベニちゃんが生きていたら21才。
どんなご長寿茶トラ猫になっていたのかな?
よぼよぼおじいちゃん姿のベニちゃんでもいいから
もう一度会いたいもんだねぇ?

その夢は、なっちゃんに叶えてもらうとしますか!

勿論、ぐりもにきも皆で。
目指せ!ご長寿ねこ!!ですよ〜

その為に飼い主達も健康で長生きしないとですね…。

命日

今日は、先代茶トラ猫ベニちゃんの5回目の命日です。

なっちゃんではなく、ベニちゃんです。

5-0424-1.png

顔は全く似ていない(笑)

5-0424-2.png

体重もずっと4.2Kgをキープしていて
なっちゃんより一回りくらい小柄な茶トラ猫でしたよ〜

毎年言いますが、なっちゃんが5歳だから
ベニちゃんが居なくなって、もう5年も経ってしまったんですよね。
なんだか早いものです。

ちなみに、初猫のスコティッシュのジーザス。

5-0424-3.png
(注:こんな顔で寝ていますが、本当はもっと可愛かったんですよ!)

勿論、ジーザスの命日も忘れた事はありません。
2002年の10月15日。今年で13年経ってしまいました。

以前からこのブログに遊びに来て下さっている方々は
ぐりが2012年の9月に腎臓の機能が悪くなり
初期の腎不全だと診断された時の事を覚えておいででしょうか?

あの時、私は「夢見が悪く、気になって病院に行ってみた」と
お話したと思います。

ちょっと、イヤかなり?オカルト的(?)な感じなので
あまりおおっぴらに語ろうという気は無かったのですが…
今回、初めて詳しく語ってみようかなと思いました。

長いので、興味がある方だけ読んで下さいませ!


2002年、ジーザスが亡くなる前のことです。
深く大きい水槽の中に、ジーザスが箱座りで座っている夢を見ました。
全く苦しそうでもなく普通に深い水の底に座っていたのです。
私は潜ってジーザスの所に行こうとするのですが、全く辿り着けませんでした。
その数ヶ月後にジーザスは病気になり、闘病の末逝ってしまいました。

2010年、ベニちゃんも似たような夢を見ました。
やっぱり普通~な感じで水の中に沈んでいるのです。(ジーザスの水槽とは違う感じ)
その時は、なんだか嫌な夢だな~と思っていただけでした。
あろうことか、やっぱり夢を見た数ヶ月後にベニちゃんは突然倒れ
そのまま旅立ってしまいました。

流石の私も、これは只の偶然ではないのでは?!と、思えて来ました。
もしも再び「うちの猫が水の中に沈んでいる」という夢を見たら、何らかの知らせだと思おう!
でも、そんな夢なんかもう見なければ良いな~とも思っていました。

そして、2012年。また夢を見てしまいました。
ぐりがお風呂の中に沈んでいたのです。(溺れているのではなく普通に座って!)
私はぐりを掴んで水の中から持ち上げました。
お風呂は浅くて、簡単にぐりをザバァー!と持ち上げられたのです!

目を覚ましたとき、とうとうぐりの夢を見てしまった!!と。
それは本当に恐れていた事でした。
だから私は、その日のうちにぐりを連れて病院に行ったのでした。
そして、腎不全の初期段階ということが分かりました。

「オイオイ大丈夫か…?非科学的な!」
そう笑われるかもしれませんが…

もう、これは私の猫共を愛する力が凄まじいが故に発動する能力に違いない!!(笑)
ちょっとそう信じてしまっている私なのであります。

ジーザスとべにちゃんは助けられなかったけど
ぐりのことは水から引き上げられたから、今でも元気なんだ!絶対!
夢のお告げ(?)で、ちゃんと病院に行ったから死を未然に防げたんだ!!

…なんて思っているのであります。
(何だか危ない人間ですみません…)

ふたりとも死因は腎臓で、やっぱりぐりも悪くなっていたのは腎臓なんですよね。
何故、毎回水に沈んでいるのかは分かりませんが…。
ジーザスとベニちゃんの時は、まさかそんな事思ってもみなくて無念な結果になってしまったけど…

私は、これからも、もしもそういう夢を見たら(本当は見たくないけど!)
どうやってでも、例え非科学的でも、夢の中でも現実でも!
絶対にこいつらを助けてやるんだ!!!
そう心に誓っているのです。

あの夢から2年以上経って、まだまだ元気なぐりを見ていて
なんとなく初めて告白してみようと思った次第です。

長々とお付き合い有難うございました!!!!


以前もアップしましたが久々に見て下さい!
ベニちゃんと子猫時代のぐりです。

5-0424-4.png

ぐり…別猫すぎだよ…!(笑)

数年後。

5-0424-5.png
(注:なっちゃんではなくベニちゃんです)

ジーザスとベニちゃん。
飼い主は何年経っても、可愛い愛おしいという記憶と
そして後悔や懺悔する気持ち、それはきっと消えることはないのでしょう。

でもって、ふたりの兄貴達よ。ぐりはまだまだ!
飼い主たちとなっちゃん、にきの側に居るからね!!


まあ、ふたりとも別にぐりのこと好きでもなかったから(酷っ!)
「こっち来んな!」って思ってると思うけど…(笑)

命日

今日は、先代茶トラ猫ベニちゃんの命日です。

寝起きベニちゃん。

4-0424-1

飼い主の記憶の中では今でも天使の様に可愛いベニちゃん…。

こんなふてぶてしい顔してた?!
もっと100倍くらい可愛くなかった?!

私も姉もそんな風に思えてならないんですけど〜!(笑)

年々、思い出が美化されているのでしょうか?
記憶捏造…?

いや…デジカメの性能が今より悪かったからですね!きっとそう!

なので飼い主の記憶の中のベニちゃんは、色あせることなく
この先もずっと!いつまでも可愛いままのベニちゃんなのです

寝姿写真はちゃんと可愛い

4-0424-2

実は私には、ベニちゃんの死によって出来た
トラウマ?みたいなものが未だにあって…

ベニちゃんがあまりにも突然に、倒れてあっけなく逝ってしまったので
こいつらまでそんな風に旅立ってしまったらどうしよう?!
…なんて時々怖くなったりするのです。

だから、外から帰って来た時は必ず安否確認をしちゃうんですよ〜
全員の元気な姿を見て「よかった」とホッとする訳です。

1ヶ月のうち5日くらい(もっとかな?)
「大丈夫だよね?あいつら誰も倒れてないよね?」
と、急に怖くなって心配しながら帰って来る日があります。

…異常だぜ!!!!!
とは自分でも思うのですが
ベニちゃんが居なくなった日から、もうずっと怖いままなんですもん。
これはきっと一生治らない。仕方ないっス!(笑)


今いる3にゃんの心配をしながら
同時にベニちゃんのことも思い出してるんだ〜!
とでも思えば…いいのかな?なんて思っています。

ベニちゃんが旅立ってから4年経ったので
何となく告白してみました!

なんにせよ4年の月日が流れても
我が「ベニちゃん愛」は変わらず!!ということですな!
怖い〜(笑)



おまけ。

ベニちゃんの写真を漁っていた時に目に入って
つい笑ってしまった若き日のぐり。(1歳半くらい?)

ヤフペではアップしましたが
確かブログではお披露目した事がなかったと思います。

4-0424-3

身体が若い!(笑)

このカテゴリーに該当する記事はありません。