ぐりとなつ 

いつかなかよしになれるかな?
MENU

お父さんがやって来た!

3連休中に父がやって来ました。

実は、実家の両親には猫(うみ)が増えた事を話していないので
『やばいね。どうしようね?うみ出てこなければ良いのに〜!』
などと何とか誤魔化そうと思っていたのですが…


普通に、ちょこちょこと出て来て父に近付く、うみさん。

6-1011-1.png

うみを見た瞬間、父は
「なんだ?こいつ!?」と言いました。

私と姉は
「え?なにが?お父さん何言ってんの?」
「なんか見えるの?ちょっと〜怖いんですけど…」
とか何とか言って、父を欺こうとしたのです(マジ話です!笑)

まあ、そんな作戦が上手くいく筈もなく!

6-1011-2.png

あっさりとバレてしまったのですが(笑)

それにしても、父にグイグイと迫るうみ…
なっちゃんと同じでお客さんが怖くないようです。


元祖、お客さん大好きっ子のなっちゃんは…

6-1011-3.png

やっぱりいつも通り「いいこぶりっ子」を発動させ

6-1011-4.png

自分の可愛さを父にアピールしまくりです…。
なんなんだこいつら…!?


結局うみと遊んであげている父。

6-1011-5.png

うみちゃん、よかったねぇ〜

ちなみに父は「うふふ、うふふ」と笑いながら
うみと戯れておりました。

一応「お母さんには言わないで!」と口止めしておきました(笑)
(母には怒られそうで…)



寒くなってきたのでドーム型の猫ベッドを出しました。

にきちゃん一番乗り〜

6-1011-61.png

何もそんな厳しい顔で…

うみも入っていました。

6-1011-7.png

うみちゃん、どうですか?その猫ベッドは?

6-1011-8.png

まんざらでもないようです。


ところで、去年は参加を見送った『杜の都アート展』なのですが
今年は参加しようと申し込みをしました!

目指せ!新刊2冊!!を予定しております。
そんな訳でブログの更新が疎かになってしまったら申し訳ありません〜!!
頑張ります!!(もっと早くから頑張れや!)

スポンサーサイト

けいたが来た!

今日は近所に住む友人親子が来ていて

友人と私が元和室で作業をしていたので、息子のけいちゃんは
「ちょっとあっちで一人で遊んでてくれる?」状態だったのですが(酷っ!)

4-1025-1.png

何故か、本を読んでいるけいちゃんを見守る
なっちゃん&にき!

にきはいつの間にかやって来て

4-1025-2.png

けいちゃんをじっと見つめていたのです…。

母親たちに「ふたりでそっちで遊んでて!」と言われ
素直に(?)遊んでいるふたり(笑)

4-1025-3.png

赤ちゃんと子猫の頃からしたら→(2010.12.24)
ふたりとも大きくなったねぇ〜?本当に!!(笑)


はしゃぎ疲れたなっちゃんは、夜になっても爆睡しているのでした。

4-1025-4.png

ちなみに、けいちゃんも帰宅した途端に寝たらしいです(笑)

ふたりとも遊び疲れたんだね…。

お父さんがやってきた!

8月のお盆以来、実家に帰っていない親不孝者共に
父がわざわざ新米を持ってやって来てくれました!

にきは何故か父のことは怖くないようで
普通に出て来て、その辺におとなしく座って見ています

4-1012-1.png

じっと見ています…。

4-1012-2.png


「お米だけで良いからね!」と念を押したにも関わらず
やっぱり母親に色々持たされてしまった父…。

4-1012-3.png

野菜や乾麺、インスタントコーヒー、調味料はまだ良いとして…
缶コーヒー3本!?(すぐに3人で飲めってか?)
箸3組…プラスチックのスプーン2本(?!)は一体どういうつもりで?!

そして一番の謎は…

4-1012-4.png

蒸かしたさつま芋?!!何故わざわざ蒸かしたやつを?!
(注:このまま皿付きで袋に入っていました)

…母よ…。
娘の家には蒸し鍋も無く、芋も蒸かせまいと思ったのですか…?
だから敢えて蒸かして父親に持っていかせたと…?

しかも蒸かしたてとかでなく、何だか冷たいんですよ〜?!
父に聞いたら「昨日蒸かしてた」とか言ってるし!食べ残しか?

まあ、これも母親の愛情ですよね…(笑)


ぐりはいつもの如く
父が帰るまでじっと身を潜めていましたよ〜(泣)

4-1012-5.png

別に、怖いおじさんじゃないんだから、いい加減慣れなさいな。
また何度も来るよ?!

いたのか?

なっちゃんがうちに来てから、
年末年始に実家に帰省をしなくなった飼い主たちなのですが

それも何だか親不孝者なので…
今年は「お母さんたちがうちに来ればいい!」と、両親に訴えてみると
なんと来てくれました(笑)

なっちゃんは、アホみたいにはしゃいで、次から次へと猫じゃらしや玩具を持って来て
「おれのスゲェ技を見ろ!構え!遊べ!」状態ですが、
ぐりとにきは恐れて出て来ません…。

夜になって照明が消え、ふたりが寝てしまうと、にきが出て来ました。

4-0104-1

父が寝ている布団にズンズン乗ってきました。
(やっぱり、何故か父にはあまり警戒しない、こいつら…)

4-0104-2

なっちゃんは既に一緒に寝ていました(笑)

4-0104-3

こちら側には母が寝ています。興味津々のにき。

4-0104-4

にきが大胆にも父の背後から寝顔を覗きに行きました!(笑)

4-0104-5

いや、何回も会ってると思うけど!?


父とは何回も会っていますが、母は本当に久しぶりに我が家に来たので
なっちゃんもにきも初めて会いました。

母は玄関に出迎えに来た、なっちゃんを見て
「ベニか?」と言いました。(注:先代茶トラ猫ベニちゃんのことです)
「ちがうよ!なっちゃんだよ!ベニちゃんに似てるけど」と言うと
「そっか。いたのか〜?」と言いました。

何故だか、昔から母のベニちゃんへの挨拶は「居たのか?」なのです。
訛っているので正確には「いだのか?」になります(笑)
何度も「いだのか?」「おおそうか〜?いだのすか」と話かけながらベニちゃんを撫でていました。
(注:ベニちゃんは子猫時代の数ヶ月だけ実家で過ごしました)

「そっか。いたのか〜?」も正確に表記すると
「んだべな。そっかぁ、いだのか?」となります。
訳すると、
そうだったね(ベニは死んだんだもんね)そうか(ベニではなくお前が)居たのか?
と、母はなっちゃんに言ったのでしょう。

私と姉は、母の「いだのか」の意味を真剣に話し合ってみたり
時々、真似をして「いだのか?いだのかぁ〜!」とか言いながら、暑苦しく頬擦りしたりしています(笑)
(猫共的には、いたのか?と言われても、はぁ?ずっと居ましたけど?!って感じでしょうけど…)

母にとっては、初めて会ったなっちゃんへの挨拶も「いだのか」だった事と
久々に母の本家の「いだのか」を聞いて、
それは案外、愛情がこもっている優しい言葉なのではないかと、改めて思ったのでした。

でも、なんで「居たのか?」なんでしょうね?なんの確認!?
娘の私たちには勿論、そんな「居たのか?」なんて言ったりはしないんですよ?(笑)


翌日のにきさん。

4-0104-6

ちょっと慣れたのか
ここまで近付いて来て、母をじっと見ていました。

ぐりは一度も出て来なかったんですけどね…。
皆が寝静まってから、ちょっとウロウロしてましたよ!!(泣)


お父さんと新米と母の愛?

今日は、父が新米を持って来てくれました。

早速なっちゃんは…

3-1019-1

「おとうさん」に擦り寄り…

3-1019-2

猛アピールです。

3-1019-3

もうすっかり慣れたのか、ガン無視の父!!(酷っ)

3-1019-4

お父さんは姉の買って来た「ビックコミックオリジナル」を(※青年漫画誌です)
夢中で読みふけっていたのでした!!

父よ…娘の家に来て漫画読むな!!(笑)


にきもお父さんの事は怖くないのか、私の部屋から出て来ました。

3-1019-5

母親が持たせた紙袋(何故か萩の月!)が気になるご様子の にき…。

3-1019-6

しょうがないなぁ…
出して見てみよっか?怖いけど…。

一部(野菜や食材以外の)をバーンと!!

3-1019-7

調味料関係多数…(この間貰った醤油もまだ使い切ってないよ!)
何故か「激落ちくん」2個?

一番不可解なのは…
食器洗い用スポンジ(はだかで…)1つとティッシュ1ケース!のみ!
何で1個ずつ?!
絶対、その辺にあったの適当に入れただけだよね?!

母よ…娘が土曜日の朝に
「あ〜!スポンジとティッシュがちょうど切れてて買うの忘れてた〜!」
と、困っているとでも思ったのですか…?

でも、コーヒーだけは素直にちょっと嬉しい親不孝娘でした。(笑)

このカテゴリーに該当する記事はありません。