ぐりとなつ 

いつかなかよしになれるかな?
MENU

うみよお前か。


あき(あずき)旅立ちの日の朝です。

6-0920-1.png

何だかもう諦めの境地の にき母さん。
普通に見守ってます(笑)


6-0920-2.png

最後まで兄妹喧嘩ですか…。


なんとも美しい兄妹ですこと(親バカ?)

6-0920-3.png

遠く離れても、兄妹だということは忘れないでいて欲しいものです。


なんとなく
巣立っていった兄弟たちに『贈る言葉』のコーナー!

まずはキジトラっ子。

6-0920-4.png

きっと、おまえが長男なんだと思う。
ぐちゃぐちゃヨレヨレな弟妹たちと違い、ひとりだけ大きくて目はパッチリ
最初からキラキラだったキジトラ男子。唯一の母親似。

その為か、ひとりだけあまり手がかからなかった。
甘えっ子だったのに放置気味にしてしまって申し訳なかったね。
おそらく生まれた時から皆より生命力に満ち溢れていたのだろうから
例えどんな環境でも、うまいこと順応して幸せになれると信じている。
そのキラキラフェイスでめちゃめちゃ可愛がられろ!キジトラ!

キジトラは「マオ」くんと名付けられました。


シャムmix女子の『ひよこまめ』

6-0920-5.png

女の子なのに、あまりにもマイペースで、あまりにも荒くれ者で…。
ご飯を食べては唸る、おもちゃで遊んでは唸る。
最後まで貰い手がつかないとしたら、それはおまえだ!ひよこまめ!
正直そう思っていた。

うちで飼うとしたら、おまえだと半分覚悟を決めていたのに
なんと!獣医師先生の元へ貰われる事になるとは…突然の玉の輿(笑?)っぷりに
きっと娘を持つ母親ならこんな気持ちに違いないわ、と。
母になった事もない私が、それはそれはアホみたいに喜んだよ!(笑)

ひとりだけちょっと間抜けな顔をしていた、ひよこまめ。
私はその顔がすごく大好きだったみたいで、今改めて見てみると
無意識におまえの写真ばっかりアップされてるぞ!!(本当です)
なんかもう可愛くてたまらん!!

ちなみに、先生は「ひよ」ちゃんと名付けてくれました(笑)
ありがとうございます。


そして、出戻り娘の『あずき』改め「あき」

6-0920-6.png

最初に、あずきを送り出した時は「不安」と「後悔」で街中で泣いてしまった。
迎えに行った時も不安だったし怖くて仕方なかった。
でも、胸に抱えたバッグの中から、ミャーと鳴き声が聞こえた時は
「戻ってきて良かったんだ」という安堵と、申し訳なかったという気持ち。
そして絶対に幸せにしてやるんだ!と、心に決めた。

その時の私の決意と願いは叶ったと思う。

一人目が破談になって良かった。二人目で出戻って来て良かった。
三人目が本当の家族になる人だったんだ。ちゃんと縁が繋がって良かった!
もう安心して、これからもっと幸せになって良いんだよ!



最後に、残留のソックス。

私の中では人気ナンバー2で、絶対にすぐに決まると思っていて
実際に一番最初に卒業が決まったソックス。

それがどうしてこうなった?(笑)

6-0920-7.png

ソックスはうちに来た時から人間が大好きで甘えっ子で
ケージの隙間から何度も手を伸ばしてきました。

その手を掴んでやると、指を噛んだりしてずっと離そうとしなかった。

手を伸ばし続けて、そのうち寝てしまったソックス(笑)

6-0920-8.png

最近ふと思い出した事があるのです。

今年の3月9日に書いた「猫の夢」の話です。

そのまま引用すると。

お寺か神社の拝殿(?)のような階段の所で
うちの3にゃんの写真を撮ろうとしているのです。

これがなかなか上手く行かなくて、そうこうしているうちに
「この子も一緒にお願いします」と、ロシアンブルーのような
グレーの猫ちゃんを知らない女性から渡されたり…
何故にロシアンブルー?(新しい家族だったらどうしよう?笑)


なんて事が書いてありました。

さらに、そのあとには去年の夏にお寺で会ったというシャム猫ちゃんの
写真がアップされていました。

ロシアンブルーではないけれど
夢で会ったグレーの猫はもしや…ソックスやお前か?
お前だったのか?

って、そんな訳はないと思うのですが!さすがに!乙女チックか!?(笑)

どんな理由にせよ、うちに残ったソックスを家族に迎える事となり
ソックスは「うみ」になりました。

6-0920-9.png

もしかしたら、うみは最初から自分の運命を分かっていて
その小さい手で必死に私の手を掴み、縁を手繰りよせようとしていたのかも?
うみよお前か。

なーんて(笑)


長々と読んで頂き有難うございました!
これにて、ぐりなつ「4猫里親探し編」(なにそれ?!)は一件落着となります。

どうか、4匹の兄妹とその家族、先住猫ちゃん。
みんながいつまでも元気で幸せに暮らせますように!!


おしまい。


スポンサーサイト

子猫がいた夏。

8月5日に4匹の子猫を拉致してきました。
子猫と過ごす夏は私たちにとって3度目の事でした。

しかし、今回は4匹…!(笑)
それはそれは大変な子育てとなりました。

6-0917-1.png



6-0917-5.png



6-0917-3.png



6-0917-4.png



6-0917-2.png



6-0917-6.png



6-0917-7.png



6-0917-8.png



子猫たちは日に日に綺麗に可愛く元気になって
ひとり、またひとりと巣立って行きました。

6-0917-9.png



6-0917-10.png

子猫のお世話と、すっかりヤサグレちまった(笑)うちの奴らとの生活。
そして里親さん探しには、時には落ち込んだり反省したりする事もありました。

それでも、この1ヶ月半
4匹の子猫を連れてきた事を後悔する事は一度もありませんでした。


にきちゃんには、ちょっと申し訳なかったね?
女の子なのに腕にハゲまでこしらえてしまってさ。

6-0917-11.png



6-0917-12.png

子猫がいなくなって、清々したかい?


1ヶ月半の里親探しは本日をもって無事に終わりを迎えました!

6-0917-13.png

からっぽになったケージと共に子猫のいた夏は終わり
いつの間にか秋がやって来ていましたね。

ご心配、ご協力をして下さった皆様にもお礼を申しあげます。
ありがとうございました!!


…って、

6-0917-14.png

あれ?1匹残ってるぞ?(笑)



実は今日
あずきを私たちが最も信頼する方の元へ、福島まで無事お届けしてきました。
「あずき」改め『あき』になり、これからは今まで以上に幸せになる事でしょう。

色々な事を考慮して、ご心配して頂いていた皆様にまで事後報告になって
しまいました事をお詫びいたします。


そして「ソックス」は『うみ』と命名した事も合わせてご報告します。
目が青いのと、海のように広い心と器のでかい男になって欲しいと願いを込めました!

ぐり、なつ、にき共々、これからもよろしくお願いいたします!
とうとう4にゃんかい!!

…ひとり2匹ずつ飼ってると思えば普通か…な?(苦しい!笑)

白い悪魔ども。

この夕飯の光景…

6-0916-0.png

5にゃんもいる!!!!?
何だか恐ろしいんですけど!!(笑)


さらに恐ろしいことに、この兄妹…

6-0916-1.png

カリカリの容器のふたをこじ開けて
盗み食いをするんですよ!こいつら!!

なっちゃんでさえ、そんな事をした事ないのに!
ある意味、天才か?お前ら!?

結果、カリカリ容器は逆さまに置く事に

6-0916-2.png

それでも何とか開けようとしていて
恐ろしいまでの食欲っぷりです!


何なの?あんたら!そんな細っこい身体で!

6-0916-3.png

あずきめ、悪い顔しやがってぇ〜(笑)


姉の至福の時?

6-0916-4.png

床でうたた寝をする姉に乗るあずきと

「自分も乗りたい!」という、ソックス。(多分)

6-0916-5.png

憧れの取り合いが勃発(笑)



私の部屋にも二人そろって押しかけて来ます…。

6-0916-6.png
(ごちゃごちゃベッドは見なかった事にして下さい)

寝ているなっちゃんの尻尾を執拗に狙っています。
最終的に、なっちゃんは怒って去ってしまいます(涙)

こいつら…

6-0916-7.png

ソックスがひとりだった時はこれ程の破壊力はなかったのに!

あまりにも凶悪な兄妹に
人間2人、猫3匹はかなりドン引きしておりますよ〜(泣)




恐ろしいですよ。

あずきが戻ってきた夜です。

6-0912-1.png
(起きている方があずきです)←私に驚いて目を覚ました(笑)

ソックスは最近ずっと私と寝ているのですが
この日は戻ってきた妹(姉?)の側に寄り添って寝ていました。
やさしい子だ!


本当はこんな話をこのブログでは語りたくはなかったのですが
あまりにもの異常な展開(私的には!)なので
こういった経験がある方から助言を頂けたらいいなぁ…とか。
何らかの教訓的な誰かの役に立つかもしれない?などとも思い
2週間前より、我ら姉妹に起こっている出来事をここに記しておこうと思います。
あと、やっぱりめちゃくちゃ腹立ってきた!!

あまり詳しくは語れないのですが
それはキジトラとあずきを譲渡した直後から始まっていました。

結果、日曜日に「もう無理です。飼えません。返したい」との連絡があり
私たちは夜8時を過ぎていましたが、すぐにあずきを迎えに行きました。
その際「本当に良いんですね?」と本人に確認をして「すみません」と言われました。


その翌朝「やっぱり子猫を返してほしい」というメールが一日中何通も届き。
仕事から帰宅した私は「子猫は返せません」「もう返事はしない」と返信をしました。
その直後から「死にます」やら「弁護士から通達が行く」やら、支離滅裂な繰り返し
数分おきに着信、とにかく私の携帯は11時を過ぎても鳴り止みません。

色んな意味で恐ろしくもあり、同時にかなり疲れてしまったので
先程から着信拒否にしてしまいました!!
申し訳ないけれども!!こちらは明日も仕事だし!(泣)

この私の対応は正しいのか分かりませんが
あずきをこの方の元から連れ戻したのは良かったのだと思いたい。
(それとも連れて来たからこんな事になった?)

弁護士云々はともかく(全く意味が分かりません!笑)
簡単に「自殺する!」とか言う人間が動物を飼おうとするんじゃないよ!
アホですか!?恐ろしいよ!!
「自分が死ぬ」の次は「子猫を返さないとお前を殺す!」なんて言い出すんじゃないのか?
失礼ですが、本当にそんな危うさがあります。普通ではないです。

もしもの時は、みんなが証人?になってくれい。
私に何かあったらそれは事件だと!(笑)


そんな訳で、軽く人間不信になりそうな私なのです。
これまでの人生、自分の周りには普通に良い人ばかりだったと断言できます。 
このような人に出会ってなかったことは、ただの幸運だったのか?
世の中には色んな人がいるものなんですね?恐ろしいですね…。

こんな事態になってしまうと
あずきもソックスも本当に信頼できる人にしか任せられないと思っています。
ソックスはうちの子にするしかないのかな。
もう怖くてダメですわ(泣)


飼い主がこんなに疲弊しているのに、なっちゃんは…

6-0912-2.png

のんきなもんだねえ!!



どうでも良い話。

「にきの息子」と、あずきに近寄り舐めようとした、にきが
あずきに「シャーッ!」と言われ、驚いた顔で逃げて行く後ろ姿を見てしまったら…
なんだか不憫で、いじらしくて可哀想で、もう可愛くて…!!!!
にきー!!!と、叫んでしまった飼い主なのでした(涙)

にきちゃん。息子と娘のこと見分けついてないのかな?

再会。

結果から言います!
色々といろんなことがありまして…

8/27に新しいお家に巣立った「あずき」が
本日戻ってまいりました〜!!!!!!!!

2週間ぶりの兄妹の再会。

6-0911-1.png

忘れてなかった!!

6-0911-2.png

麗しい兄妹愛。

6-0911-3.png


それを邪魔する(?)茶色いデカイおっさん。

6-0911-4.png


今となっては「あの時」に感じた不安や後悔が全て的中して
今回の結果に繋がったのだと思っています。

それでも私は今、めちゃめちゃ怒っています。
詳しく語るつもりはありませんが、自分自身への後悔や反省と共に
それ以上に怒りが湧いてきます。



出戻ったあずきも可哀想だけど
やっと、ソックスを受け入れ始めた、にきや

6-0911-5.png

やっと平穏な日常生活を取り戻しつつあった、ぐりやなっちゃん。

6-0911-6.png

そんな、うちの奴らが不憫でなりません!

6-0911-7.png

みんな本当にごめんよ。
自分の家なのに、肩身の狭い思いをさせて本当にすまないね。


2週間も経ってから子猫を「返す」?
ふざけるな!!!と言いたい。

そんな人達を見抜けなかった自分にも腹がたつ!!

でも、その怒りを子猫の里親さんを探す力に変えて頑張る事にします!!
絶対に今度はもっと良い里親さんを!!
絶対に幸せにしてやる!!


ソックスだけなら何とかなるかも?と、思ったりもしましたが
さすがに2匹(5ニャン?!)は無理ですわ…

このカテゴリーに該当する記事はありません。