ぐりとなつ 

いつかなかよしになれるかな?
MENU

地震のこと。2

(つづきです)

実家とは、お互い何とか無事との連絡が取れたのですが…
姉からは「大丈夫?猫は?」的なメールが7時過ぎに一度入ったあとは、全く連絡が取れなくなり。
その日の夜は、うちで友人一家と一緒に過ごしました。

なっちゃんは普通に、ご飯を食べたり遊んだりしていましたが
(挙げ句の果てには友人旦那の上に乗って寝たり、最終的にはお父さんと一緒に寝ていましたよ…)
ぐりはずっと隠れていてご飯も食べようとしませんでした。

翌日は日の出と共に起きて(余震が続いてあまり眠れませんでした…)
友人旦那は仕事へ。私は自転車で買い出しの情報収集?という感じで動きつつ、
姉の連絡と帰りを待っていたのですが…昼を過ぎ、夕方になっても姉からの連絡は全く有りません。
この時点で、流石におかしくない?と少し心配になってきました。

ぐりは一晩明けても、まだ隠れていてご飯も全く食べていません。
あまりにも食べないので、無理矢理出そうとしたらおしっこをジャー!と漏らしました。
(チビるってレベルでなく!)
それでも、食べないで弱ってしまったらと考えると怖かったので…
1缶だけあった猫缶に水をまぜて、指につけて口の所に持って行ったら少しずつ舐めてくれました。
なんとか少しだけ食べてくれました。

そのうち、友人旦那が戻って来て、車で買い出しに出てみたのですが、
国道沿いは、ガラスが割れて落ちてる建物があったり、道路が陥没していたり。
お店はどこも開いてなくて、開いてても何百人待ちで既に終了。懐中電灯、電池、ラジオは売り切れ!
という感じで、入手出来たのは食料はスナック菓子と飲み物が少々という感じでした。

そして、車のテレビ見ていると「仙台空港、名取が津波被害」というニュースに初めて気付きました。
実は、姉の通勤先は名取で…。
でも名取駅の近くだった気がするし、まさかそこまで津波が来るとは思えないし…。
位置関係を確かめたいと思っても、うちには地図なんてないし!!

思わずお隣さんに訳を話して、地図を持っていたら貸して下さい!と頼みに行くと、
「名取」という言葉を口にした途端に、旦那さんと奥さんは顔を見合わせて
「新聞みた?」と、新聞を持って来てくれました。
新聞には写真付きの見開きで「名取壊滅」と。
さらに「娘がラジオで名取駅の方まで壊滅って言ってたのを聞いたらしいよ」と。

その後は、地図を見て、海と名取駅の場所を確認して「まさかそんな事あり得ない!」とか思ってみたり。
別の支店に電話をかけて聞いてみようとしたり(通じませんでした!)
実家に連絡しようとしたり(通じませんでした!)して、途方にくれていると…
外で車の中でニュースを見続けていた友人旦那が
「名取に一万人くらい非難してるらしい。市役所で安否確認してるって今やってた」
「とにかく今からそこに行ってみるべ!多分ガソリンも間に合う」と、言ってくれたので行ってみることになりました。(ほんと良い人だよ…)

市役所に着いて姉の会社の名前を言って、そこから一番近い避難場所を聞いて、そこに行ってみました。
学校だったのですが…乳飲み子を抱えた友人と私は、真っ暗な学校の廊下を懐中電灯一本を持って
教室を一室一室開けて、姉の名を呼んで聞いてまわりました。(その途中にも強い余震が!)

でも、そこには居なくて。そうこうしてるうちに、もの凄い有力情報を教えてもらいました。
「そこって全然、津波とか関係ないし、自家発電あるみたいだし会社にでも居るんじゃない?」と…。
確かに…すごく近くだったので歩いて行ってみると。
全然無傷でした!!そして…呼び出そうにも扉はしっかり閉まっていました!
誰もが「これは…お姉ちゃん生きてるよね?誤報だよね?」という結論に達し、諦めて帰ろう思ったら
携帯に姉から着信が入っていました。
「お姉ちゃん生きてたーーー!!!」と、みんなでほっとしました。

8時過ぎに家に戻ると、暗闇に姉の鞄が置いてあって、姉の姿はありませんでした…。
お隣さんに伝言していたので、またお隣さんに聞きに行くと(お隣さんに頼りすぎ!!)
「帰ってきたの?!気付かなかった!!」と…(笑)
一体、どこに行ってしまったんだ~!?まさか友達の家?!とか考えていると、ちょうど姉が帰って来ました。

帰ったら誰も居なかったので、あっちに居るのかな?と、友達のうちに行ってみたらしいです。
行き違いになったみたいでした…。
やっぱり、ただ単に仕事をしていたらしいです…。

ちゃんと連絡しろやーーー!!!!!!!
と、怒ったのですが電話もメールも通じなかったらしく…仕方ないと思うしかないのでしょうか?
無事で良かったと喜ぶべきでしょうか?!!

そんな訳で、みんな無事で良かったね~!と、土曜日の夜は真っ暗闇で過ごしながらも少し安心して眠れました。
またなっちゃんは、友人旦那の股の間→友人お父さんコースで寝てました…。
(何なの?!やっぱり男好き?!)

日曜は、また姉と友人旦那は仕事へ。
私達はKスタで携帯の充電をやってくれるらしい!と言う情報を聞きつけて並びに行ったり。
お店に並んで食料を調達したりして、また真っ暗闇な夜を迎えました。
月曜からは私も仕事に行かなければならないので友人一家は取り敢えず自宅に戻り、姉と2人きりになってしまいました。

そして、その日の11時過ぎにやっと電気が復旧しましたーーー!!!

ガスはまだまだ復旧してませんが(お風呂が…)
未だ停電、断水な地域もあるので、贅沢は言っていられません!!

そして地震の日以来、久々にネットを繋いでみて、
皆様の沢山のコメントを読んで、心配してくれてたんだ…と、申し訳ないような有り難い気持ちになりました。


なので、思い切って地震発生直後からの詳しい状況を語ってみることにしました!
かなり長くなってしまいましたが……。(昨日からコツコツと書きました)

私なんかの被害を考えると、地震と停電の恐怖だけですよね。
沿岸部に居た人達は…本当に一瞬で全てを奪われてしまったのでしょう。
さらには福島の原発と続き、どうして一度にこんな事が?!という信じられない気持ちでいっぱいです。

それでも、皆様の暖かいコメントに励まされたのは事実です!
本当に有り難うございました!!

以前のような普通の生活に戻れるのは一体いつになるのか…全く検討もつきませんが…。
早くまた、馬鹿馬鹿しくも愛おしい(私にとっては)こいつらの日常を皆様にお届け出来れば…!と思っています。
どうか気長に待っててやって下さいませ。

最後に
皆様からのコメント、本当に本当に全部嬉しかったのです!!
中でも、なっちゃんの里方さんに、私もまっちゃさんの安否をお訪ねしていたのですが…
その返事に月曜日、娘さんからのメールが転送されて来て。
その中に「なっちゃんとネネちゃんの無事が分かって母は泣いて喜んでおりました」という一文があって、
私はそれを読んだ瞬間、職場で仕事中であったのにも関わらず、思わず泣けて来てしまいました。
(姉が無事と分かった時だって泣かなかったのに!笑)

自分の飼い猫でもないのに、そこまで心配して想ってくれてる人が居る!
とても幸せなことです。本当にありがとうございます。

まっちゃさんだけじゃありません。
milk teaさん。
ツナまんさん。
れおままさん。
オッティーさん。
ココナッツミルクさん。
海野さん。
たんぽぽさん。
きぐるみくまこさん。
マーシーパパさん。ママさん。
のん福レオのお母さん。
姫パパさん。
きりの一族のmanaさん。
とおたん360さん。

ぐりとなっちゃんを(ついでに私と姉も…)心配して下さって、
無事だったと喜んで下さって!本当に!本当に有難うございます!!
本来なら一人一人、ちゃんとお礼を言いたいのですが、
落ち着いてから改めてお礼をさせて頂きますね。


↓友人一家が帰ってからは、やっと私と寝てくれているなっちゃん…。このやろう…!

0315-3

ぐりも、やっと普通に出て来て食欲モリモリになりました。
(ぐりを撮ろうとしたのに相変わらず、なっちゃんに遮られてますが…笑)

0315-4


何だか、東北だけでなく静岡とかまで地震が来てるようですね…。
原発も心配だし…。
本当にどこで何が起きてもおかしくない気がしてきました。

皆様もどうかお気を付け下さいね!!
今回、私が学んだことは…こういう時に一番必要なのは…明かりと情報だ!!!です。
懐中電灯とラジオは用意しておくべきでした~!!

こちらは家と人間は無事でも、食料品が買えない等の別な問題がでたりしていますが…
何とか頑張って乗り切りたいと思います!!

カリカリはあるけど、猫砂が~!!って感じですが…
これは、いざとなったらオッティーさんの新聞紙ビリビリ作戦で乗り切りますね!(笑)

お風呂にも入れないけど…(これが一番辛い!)
頑張りますからーー!!!

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。