ぐりとなつ 

いつかなかよしになれるかな?
MENU

心配したんだぞ!

ゴロゴロと日向ぼっこ中のにきを見ていると
何となくもう、お腹の毛が生えて来ていました。

縫われた傷口もそんなに目立ちません。

2-0104-1

良かったね~?にきね~!

…と喜ぶ飼い主に対して…

2-0104-2

いつもの如く、こんな顔で見ています。超メンチきってます。

全くもって酷い娘ですよ…?

そんな元気いっぱいの、にきさんですが…
実は大晦日の夜に首を触っていたら、米粒大のコロコロしているものを発見しました。
(後頭部ではなく、顔の下の首の前の方です)

小さいけど、まさかぐりみたいな腫瘍だったらどうしよう?!…と
年明け早々から気が気ではなく。
休みが終わるのは嫌だけど、でも一刻も早く先生に診てもらいたい!
と、不安なお正月を過ごしていました。

今日やっと、仕事から帰宅してから雪の中を病院に行ってきましたよ!

先生は、確かになんか出来てる。けど小さすぎる!
気になるけど小さいし取って検査するのも何だかな~?って気がする。
もしかしたら小さくなっていくかもしれない。
そんな感じで、このまましばらく様子を見る事になりました。

触った感じも発見した時の大きさも、確かにぐりの時ほどは大きくはないんですよ。
(米粒大ですしね…)
でも、やっぱり、腫瘍かもしれないと思うと心配です。

このまま小さくなって治ってくれると良いのですが…。

皆様も愛猫ちゃんの事を丁寧に触りまくって、こんなのが無いか
たまにしっかり確認した方が良いかもしれません!お願いします!


なっちゃんは、にきがバッグに入れられた瞬間から
「どこに連れてくー?!」という感じで
帰って来た時も
「どこ行ってたんだー!!!」状態です。(マジです)

診察台でずっとブルブルと震えていたにきは、疲れ果ててしまったのか
帰って来てからずっと寝ています。

なっちゃんの、この、にきに対しての愛は一体…。

2-0104-3

気が付くと、寝ているにきをベロベロ舐めていました(笑)

2-0104-4

そして、ぴったりと寄り添っていました。にきは爆睡して気付いていませんが…

2-0104-5

この愛の深さには…もう何も言えませんわ~(笑)

なっちゃんは親のような気持ちで、にきを可愛がっていると思っていましたが…
でも、こんな風に顔を擦り寄せて寝ているなっちゃんを見ていると、
何だか、なっちゃんも健気な子供の姿に見えてきて、とてもいじらしいんです!

まあ、なっちゃんもこんなに大きくても、まだ1歳と9ヶ月ですもんね?
ちびすけが急に居なくなったら寂しいよね~?

それにしても…
お前ら、どいつもこいつも心配ばかりさせやがってぇ!!(泣)


そういえば、にきの体重は2.35キロになっていました。
すくすく成長しています

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。