ぐりとなつ 

いつかなかよしになれるかな?
MENU

ちいさなおうさま

「なにごと?一体どうした?!」という感じですが…!

今回は、
ブログ村で「ねこの絵本 2 ブログトーナメント」参加募集中!
というのが目に入り
(第1回目は気付きもしなかった…!)

「これは面白そうだ!」と思い
そこはかとなく絵本を集めてある自分の本棚を漁って、この本を選んでみました。


2-0115-1

「ちいさなおうさま」(冨山房刊)

どんなお話かというと

ちいさなおうさまは大きいお城にひとり住んでいるのです。

おうさまはひとりぼっちで寂しかったので
「ケライがいれば良いのに!」と思っていました。

そんな時、一匹の猫がお城にやってきたのです。

2-0115-2

「おまえはわしのケライだ」
おうさまは言いました。(王様…突然すぎだから!)

猫(名前はトラ)は、
「お腹ぺこぺこ」だの「ねむくなってきた」だの「寒くて凍えそう」だの
甘えたことを次々と言いやがります。

2-0115-3

そんな猫に、おうさまは
ご飯や羽布団を持ってきたり、暖炉に火をつけて暖かくしてあげたりと
かいがいしく猫のお世話をしてあげるのです。

2-0115-4

どっちが家来だ?!とも思うのですが
それでも、おうさまは楽しくて嬉しかったのです。

2-0115-5

ねことおうさまは、ふりつもる雪をみたり
おひさまが海にしずんでいくのを、いつまでもふたりで見ていました。

もう、おうさまは少しも寂しくなくなっていたのでした。

めでたしめでたし。


だいぶ端折りましたが、こんな物語です!
(注:本当はもっと素敵なお話です)

王様よかったねぇ~
というのと、茶トラ猫ちゃんというのがまた、私の心をくすぐる一冊であります。


でもって、うちの甘ったれ茶トラ猫はというと…

寒いのでストーブの真ん前にドーンと寝ていますね!

2-0115-6

頭が超熱くなってるよ…?

そして、ぐりは…

2-0115-7

真っ暗でよく分かりませんが、
この寒さで、とうとう秘密基地(クローゼット)の猫ベッドに!!

2-0115-8

カメラを向けたら迷惑そうな顔で見ています…。こりゃ失礼しましたねぇ!

にきは…

2-0115-9

目をカッ!と見開いていますね~。元気そうです。

若いからか、あまり寒そうじゃありませんね~

でも、ここ数日は本当に寒いです!!ストーブの前から離れられない!
(ますます駄目人間に…笑)



関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。