ぐりとなつ 

いつかなかよしになれるかな?
MENU

命日

今日は、うちの2匹目の猫、我が最愛の猫ベニちゃんの命日です。
早いもので、もう2年経ちましたか…

2年経っても、やっぱり思い出すと辛く悲しく寂しいものです。
「なんであの時もっと!」とか、そんな後悔ばかりですよ~

初代猫のスコティッシュのジーザスが亡くなってから10年経ちますが
10年経っても、未だに「何ですぐに病院を変えなかったんだ!バカ!!」
とか、そんなレベルだったりします。

勿論、可愛く楽しかった思い出もいっぱいあるのですが、
それ以上に、未だに自分を許せない気持ちがどす黒~く渦巻いています(笑)

まあ…それも私のあいつらへの深き愛ゆえに!
…ということで、このままずっとその気持ちを…どす黒いやつを!
死ぬまで抱えたままでいるのも良いかぁ~なんて思ってもいます。

こればかりは、いくら、
今いるこいつらが毎日チューしたいくらい可愛い!超可愛い!からって
完全に癒されることはないのかもしれません。


さて、湿っぽい話はこのくらいにして!
久々にベニちゃんの話でもしますかな。

友人に「シャー!」と言っているベニちゃん…

2-0424-1

ベニちゃんは、なっちゃんほど悪賢くはなかったのですが
ちょっとばかり性格が悪くて…(甘やかして育てたから?)

友人にも、自ら近付いては「シャー!」とインネンをつけていました。
そんなに怒るならどっか行ってれば良いじゃんか!!
…とも思うのですが、決して自分から逃げたくはないのです(笑)

ベニちゃんを叱ったりすると、
その場では「ツーン」としているのですが、その後、立ち上がった時に
足の甲をガブガブ攻撃とかよくされましたねぇ…。

何度も何度も脱走しやがったし…。あのやろう…

でもでも、顔だけは可愛いんですよ!!!

2-0424-2

あと!
拾った時と、私がお風呂に入ってる時に覗きに来て湯船に落ちた時と
数回しかシャンプーをしたことがなかったのに、何だかいつも良い匂いがするんですよ!
ジーザスとぐりは普通に臭いのに!(笑)

…って、こんな取り柄しかなかった?もっとなかった?!
ジーザスとぐりにも冷たかったしなぁ…。

唯一のジーザスとのツーショット(笑)

2-0424-3

でも、この頃から一緒に寝たりしたことはなかったですね…。

出窓でお昼寝中のジーザス

2-0424-4

今見ると、ちょっとぐりと色違いみたいで笑ってしまいました。

そういや姉が
「ぐりって時々ジーザスが乗り移ってるみたいに見える~」と言います。
…単にふたりともデブってるからだと思うんですけど!(笑)

私も時々、なっちゃんを見て
「あっ、この写真ベニちゃんみたい!」と思う時があります。
…単にふたりとも茶トラだからだと思うんですけど!!


こんな風に、今はもう居なくなってしまった奴らのことを
懐かしく笑ったり、後悔と反省というどす黒い念をため込んでいたり…
愛おしい思い出と別れの記憶に涙を流したり。

そんな思いを、きっとこの先も繰り返していくのでしょう。
それでいいんだ!!!

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。