ぐりとなつ 

いつかなかよしになれるかな?
MENU

いたのか?

なっちゃんがうちに来てから、
年末年始に実家に帰省をしなくなった飼い主たちなのですが

それも何だか親不孝者なので…
今年は「お母さんたちがうちに来ればいい!」と、両親に訴えてみると
なんと来てくれました(笑)

なっちゃんは、アホみたいにはしゃいで、次から次へと猫じゃらしや玩具を持って来て
「おれのスゲェ技を見ろ!構え!遊べ!」状態ですが、
ぐりとにきは恐れて出て来ません…。

夜になって照明が消え、ふたりが寝てしまうと、にきが出て来ました。

4-0104-1

父が寝ている布団にズンズン乗ってきました。
(やっぱり、何故か父にはあまり警戒しない、こいつら…)

4-0104-2

なっちゃんは既に一緒に寝ていました(笑)

4-0104-3

こちら側には母が寝ています。興味津々のにき。

4-0104-4

にきが大胆にも父の背後から寝顔を覗きに行きました!(笑)

4-0104-5

いや、何回も会ってると思うけど!?


父とは何回も会っていますが、母は本当に久しぶりに我が家に来たので
なっちゃんもにきも初めて会いました。

母は玄関に出迎えに来た、なっちゃんを見て
「ベニか?」と言いました。(注:先代茶トラ猫ベニちゃんのことです)
「ちがうよ!なっちゃんだよ!ベニちゃんに似てるけど」と言うと
「そっか。いたのか〜?」と言いました。

何故だか、昔から母のベニちゃんへの挨拶は「居たのか?」なのです。
訛っているので正確には「いだのか?」になります(笑)
何度も「いだのか?」「おおそうか〜?いだのすか」と話かけながらベニちゃんを撫でていました。
(注:ベニちゃんは子猫時代の数ヶ月だけ実家で過ごしました)

「そっか。いたのか〜?」も正確に表記すると
「んだべな。そっかぁ、いだのか?」となります。
訳すると、
そうだったね(ベニは死んだんだもんね)そうか(ベニではなくお前が)居たのか?
と、母はなっちゃんに言ったのでしょう。

私と姉は、母の「いだのか」の意味を真剣に話し合ってみたり
時々、真似をして「いだのか?いだのかぁ〜!」とか言いながら、暑苦しく頬擦りしたりしています(笑)
(猫共的には、いたのか?と言われても、はぁ?ずっと居ましたけど?!って感じでしょうけど…)

母にとっては、初めて会ったなっちゃんへの挨拶も「いだのか」だった事と
久々に母の本家の「いだのか」を聞いて、
それは案外、愛情がこもっている優しい言葉なのではないかと、改めて思ったのでした。

でも、なんで「居たのか?」なんでしょうね?なんの確認!?
娘の私たちには勿論、そんな「居たのか?」なんて言ったりはしないんですよ?(笑)


翌日のにきさん。

4-0104-6

ちょっと慣れたのか
ここまで近付いて来て、母をじっと見ていました。

ぐりは一度も出て来なかったんですけどね…。
皆が寝静まってから、ちょっとウロウロしてましたよ!!(泣)


関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。