ぐりとなつ 

いつかなかよしになれるかな?
MENU

腫瘤切除手術の事と重い愛。

昨晩、にきは一晩中落ち着かない様子でウロウロしたり
鳴いたりしていました。(術後の興奮状態?)

そして、夜が明けて空が明るくなって来た頃に
やっと私のベッドに来ました。

にきが眠りについたのを見計らったように、なっちゃんが…

4-0202-1

にきに添い寝を「してあげに」来たようです。

4-0202-2

ちょっと…にきの首の傷に障るから…!そんなに寄りかからないの!

4-0202-3

にきの迷惑そうな顔…

実は、なっちゃんがあまり体重をかけないように何回か阻止した飼い主です。

4-0202-4
(↑なっちゃんの耳が、にきのお腹の毛にめり込んでいます…)

それでも、最終的にぴったりとくっ付いて寝てしまう、なっちゃん(笑)
ホントお前は大きい子供か!!

でも、にきが嫌じゃないなら仕方ないか〜

ところで、にきの「しこり」についてですが
最初に気付いたのは2011年の大晦日で、その時は米粒大で様子見という事になりました。

そして、2012年の夏に膀胱炎の薬(抗生剤?)を飲んだ時に、
何故か一緒にしこりも消えてしまったのですが
去年また出て来て、徐々に大きくなっていきました。

再度、抗生剤を飲ませてみたのですが、今回は小さくならず
最終的には「枝豆」くらいの大きさになった所で、切る事を決意しました。

手術内容の説明では、先生は「腫瘍」ではなく「腫瘤」切除と言っていました。

ぐりの時と違い、その腫瘤は皮膚に癒着しているようなので
皮膚も少しばかり切り取る事になるとの事でした。
(ぐりのは皮と皮膚の間にコロッとあった?)

その時点で飼い主たちは、恐怖におののいている状態ですよ…。

切除手術自体は簡単だけど(先生は自信満々!)
全身麻酔にはリスクがあるし「にきの場合の死亡率0.08%以下」と説明され
手術の同意書にサインをしました。

手術代は日帰り入院で、全部で 35,590円でした。
(外注の組織検査費込み)

我が家は長年この病院にだけ通っているので(勿論ぐりの3度の手術も)
この価格が高いのか安いのかは分かりません。

でも、ぐりはすっかり元気になっているし(腫瘍に関しては…)
にきも奇麗に切ってもらって良かったと思っています。
もう大丈夫だと信じています!

手術までの経緯や金額等、
同じような気になる症状の猫ちゃんや飼い主さんの参考になれば幸いです。

昨夜、即席で作った首に巻くやつは流石にちょっと変だったので…
(あと細すぎたのか、一度猿ぐつわ状態に!)

もう片方の腕で作り直してみました!!

4-0202-5

通気性も良さそうだし、なんかオシャレなんじゃない〜?(そうか?笑)

4-0202-6

やっぱり、いずいか!!(笑)

抜糸は今度の日曜日2/9です!
それまで我慢するんだ!!

毛が生え揃うのは何日かかるかなぁ…?


おまけ。

何気なくペピィからのメールを開いて見ていたら…

http://www.peppynet.com/camp/11cats_drink/

また使ってくれていたのですか!!
しかもカタログ(本)に載っているのは台詞を消されているバージョンですが
これはちゃんと台詞有りで…(笑)

何だか有難いっス!嬉しいッス!!!

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。