ぐりとなつ 

いつかなかよしになれるかな?
MENU

命日

今日は、先代茶トラ猫ベニちゃんの5回目の命日です。

なっちゃんではなく、ベニちゃんです。

5-0424-1.png

顔は全く似ていない(笑)

5-0424-2.png

体重もずっと4.2Kgをキープしていて
なっちゃんより一回りくらい小柄な茶トラ猫でしたよ〜

毎年言いますが、なっちゃんが5歳だから
ベニちゃんが居なくなって、もう5年も経ってしまったんですよね。
なんだか早いものです。

ちなみに、初猫のスコティッシュのジーザス。

5-0424-3.png
(注:こんな顔で寝ていますが、本当はもっと可愛かったんですよ!)

勿論、ジーザスの命日も忘れた事はありません。
2002年の10月15日。今年で13年経ってしまいました。

以前からこのブログに遊びに来て下さっている方々は
ぐりが2012年の9月に腎臓の機能が悪くなり
初期の腎不全だと診断された時の事を覚えておいででしょうか?

あの時、私は「夢見が悪く、気になって病院に行ってみた」と
お話したと思います。

ちょっと、イヤかなり?オカルト的(?)な感じなので
あまりおおっぴらに語ろうという気は無かったのですが…
今回、初めて詳しく語ってみようかなと思いました。

長いので、興味がある方だけ読んで下さいませ!


2002年、ジーザスが亡くなる前のことです。
深く大きい水槽の中に、ジーザスが箱座りで座っている夢を見ました。
全く苦しそうでもなく普通に深い水の底に座っていたのです。
私は潜ってジーザスの所に行こうとするのですが、全く辿り着けませんでした。
その数ヶ月後にジーザスは病気になり、闘病の末逝ってしまいました。

2010年、ベニちゃんも似たような夢を見ました。
やっぱり普通~な感じで水の中に沈んでいるのです。(ジーザスの水槽とは違う感じ)
その時は、なんだか嫌な夢だな~と思っていただけでした。
あろうことか、やっぱり夢を見た数ヶ月後にベニちゃんは突然倒れ
そのまま旅立ってしまいました。

流石の私も、これは只の偶然ではないのでは?!と、思えて来ました。
もしも再び「うちの猫が水の中に沈んでいる」という夢を見たら、何らかの知らせだと思おう!
でも、そんな夢なんかもう見なければ良いな~とも思っていました。

そして、2012年。また夢を見てしまいました。
ぐりがお風呂の中に沈んでいたのです。(溺れているのではなく普通に座って!)
私はぐりを掴んで水の中から持ち上げました。
お風呂は浅くて、簡単にぐりをザバァー!と持ち上げられたのです!

目を覚ましたとき、とうとうぐりの夢を見てしまった!!と。
それは本当に恐れていた事でした。
だから私は、その日のうちにぐりを連れて病院に行ったのでした。
そして、腎不全の初期段階ということが分かりました。

「オイオイ大丈夫か…?非科学的な!」
そう笑われるかもしれませんが…

もう、これは私の猫共を愛する力が凄まじいが故に発動する能力に違いない!!(笑)
ちょっとそう信じてしまっている私なのであります。

ジーザスとべにちゃんは助けられなかったけど
ぐりのことは水から引き上げられたから、今でも元気なんだ!絶対!
夢のお告げ(?)で、ちゃんと病院に行ったから死を未然に防げたんだ!!

…なんて思っているのであります。
(何だか危ない人間ですみません…)

ふたりとも死因は腎臓で、やっぱりぐりも悪くなっていたのは腎臓なんですよね。
何故、毎回水に沈んでいるのかは分かりませんが…。
ジーザスとベニちゃんの時は、まさかそんな事思ってもみなくて無念な結果になってしまったけど…

私は、これからも、もしもそういう夢を見たら(本当は見たくないけど!)
どうやってでも、例え非科学的でも、夢の中でも現実でも!
絶対にこいつらを助けてやるんだ!!!
そう心に誓っているのです。

あの夢から2年以上経って、まだまだ元気なぐりを見ていて
なんとなく初めて告白してみようと思った次第です。

長々とお付き合い有難うございました!!!!


以前もアップしましたが久々に見て下さい!
ベニちゃんと子猫時代のぐりです。

5-0424-4.png

ぐり…別猫すぎだよ…!(笑)

数年後。

5-0424-5.png
(注:なっちゃんではなくベニちゃんです)

ジーザスとベニちゃん。
飼い主は何年経っても、可愛い愛おしいという記憶と
そして後悔や懺悔する気持ち、それはきっと消えることはないのでしょう。

でもって、ふたりの兄貴達よ。ぐりはまだまだ!
飼い主たちとなっちゃん、にきの側に居るからね!!


まあ、ふたりとも別にぐりのこと好きでもなかったから(酷っ!)
「こっち来んな!」って思ってると思うけど…(笑)

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。