ぐりとなつ 

いつかなかよしになれるかな?
MENU

ごはん=つよい猫!

朝から遊んでもらっている
うみ&にきです。

7-1008-1.png

にきちゃんの顔…怖っ!(笑)

7-1008-2.png
(部屋が荒れ放題ですみません!)


なっちゃんも来たー!!

7-1008-3.png

ひとりだけ何かでけぇ〜!!


そして、うみの衝撃の写真が撮れてしまいました…。

7-1008-4.png

身体なげぇ〜!!長すぎる!!!
衝撃の9頭身!!!!(笑)

ジャンプしているのではなく立っています!
ちょいとお腹ぽこっとしてるし…(笑)


そして、毎週、病院通いが続いているぐりですが。

9/30の土曜日にCT検査をする予定で
午前中にぐりを預け、夕方に迎えに行く事になっていました。

それが、お昼を少し過ぎたくらいに先生から
『CT検査の前のレントゲンと血液検査で肺に水が溜まっているのが分かり、
先にそちらの処置をした』との連絡が入りました。

そのままCT検査をすると多少のリスクがあるがどうするか?と聞かれ
今日はCT検査の方はやめて下さいとお願いしました。

肺に水が溜まっていると言うことは、やはり腫瘍や癌の可能性があるということで…。
肺から抜いた水の成分からもある程度分かるというので、検査をしてもらう事にして
その日はぐりを連れて帰ってきました。

その結果が昨日出たのです!
肺から取った水からは腫瘍を示すような細胞は検出されなかったようです。
昨日撮ったレントゲンでも、再び肺に水が溜まったりもしていないようでした。

何だか上手く説明出来ないのですが…(アホですみません!)
今のぐりの現状としては

・鼻水、鼻血→完全に止まっている。いつの間にか鼻詰まりも治ってる。
・突然の肺の水→1週間後は再び溜まってはいない。


治療的な事は抗生剤を注射で打って貰っていたくらいですが…
(あと飲み薬も一週間だけ)
何故か、どんどん元気になっているぐりなのです。

7-1008-5.png

肺に水が…という連絡が来た時は、思わず倒れそうになりましたけどね!(飼い主が…)

取り敢えずCT検査は一旦やめる事にして、このまま様子見をしながら
2週間毎くらいのペースで胸や血液の状態を診察してもらう事にしました。

もちろん、少しでも何か異変があった時はすぐに診てもらいます!


鼻水と鼻血が止まらなくなり、9/11に初めて今の病院に駆け込んだ時は
ぐりの体重は5.1kgになっていましたが、昨日は5.6kgになっていました。
今年のワクチン接種の時の体重に戻っていました。

毎日ごはんをいっぱい食べて、このまま元気になってくれればいいのに…
いや、今回のことで飼い主は確信しましたね!

ぐりはごはんを食べられれば元気になる、強い猫なんだと!
何度も病気になったり手術もしたりしたけど、やっぱり強い猫なんですよ!
ごはんを食べているぐりは、そんな簡単には負けないんですよ!絶対!
もっともっと!まだまだ長生きしますよ〜!!!





もしかしたら、鼻血は点鼻薬の刺激が強すぎたのかもしれない…?
なんて飼い主は猛省しております…(涙)
代替療法はやっぱりそんなに意味がないのかもしれません。
(人間も動物も?)


関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。