ぐりとなつ 

いつかなかよしになれるかな?
MENU

春の健康診断。

またブログを放置し
あっという間に一週間が経ってしまいました…。


昨日は、ぐりの通院している病院が5月いっぱい
春の健康診断キャンペーン(割引価格)をやっているので
今年9歳、8歳になる、なっちゃんとにきも連れて。
3匹揃って健康診断をしてもらいました〜!


元気なのに病院に連れてこられて注射(採血)までされた
にきの「裏切られた!」みたいな、このお顔…

9-0421-1.png

飼い主にはいつまでも子猫みたいな、にき…。

でも、にきちゃんだって、もう8歳の中年おばさんなのよ?
やっぱり健康診断くらいしないと駄目なんだよ?


そして、なっちゃんは…

9-0421-2.png
(興奮しすぎて鼻を押し付けすぎて鼻が赤く…涙)

なっちゃんがここまで臆病猫(?)だったとは思ってもいませんでした!

にきとなっちゃんは飼い主たちの補助でなく
先生と看護師さんたち数人で採血をすることになったのですが
待合室に響き渡る、なっちゃんの鳴き声、唸り声…。
(そして待合室にいる他の飼い主さん達の「うわぁ〜…」という顔…)

心配で思わず小窓から診察室を覗いた時に見えた光景は
なっちゃん(エリザベスカラー装着)が診察台から飛び降りて
床に置かれていた、にきのキャリーを覗き込んでいる姿でした…。

その後、何度も響き渡る激しい叫び声。
(おそらく数人がかりで押さえつけられてる)

「無理ならもういいですから!」
飼い主たちはそう先生に訴えてしまいましたが、なんとか無事に
採血は終わったみたいでした。

なっちゃん…ごめんよ(涙)

家に帰ってきたら、ご飯も食べずにずっと寝ていました。

9-0421-3.png

可哀想すぎる…(涙)

なっちゃんは手術経験のある、ぐりやにきとは違って
今まで健康体だったから!去勢手術しかしていないから!
だから、仕方ないよね?怖かったんだよね?

そんな風に、なっちゃんと自分たちを慰めながら
なっちゃんを病院に連れて行くのは本当に具合の悪い時だけにしよう!
そう、心に誓ってしまった飼い主たちなのでした。

今朝のなっちゃん。

9-0421-4.png

おいたわしや…(涙)
一夜明けても心の傷が癒えていない?

ちなみに、結果はまた後日なのです。
3匹とも良い結果だと良いのですが…!


そういえば、あまり深く考えていなかったのですが
ぐり、なっちゃん、にき3匹と飼い主達が揃って家を出てしまい
うみは生まれて初めて「ひとりでお留守番」を経験したのでしょうか。

私たちが病院から戻ってきたら、うみの様子が変だったのですよ!
玄関には迎えに出てきたけど、よそよそしいというか…
ご褒美のスープを出しても、ひとりだけ少し離れた場所にいて
お皿を目の前に置いてあげるまで口をつけなかったりして。
うみは何故か完全に拗ねていました。

もしかしたら、私たちが家を出た後
「なっちゃん?」「ぐりおじちゃん!にきかあちゃん!」
「なんで〜?誰もいないの〜」とか探し回ったりしたのでしょうか?
置いていかれて捨てられたと思った?

そんな想像すると、ちょっと可哀想なうみなのでした。
でも病院に連れて行かれるよりは…良いのでは?(笑)


数日前の「おっぴろげ」なっちゃん。

9-0421-5.png

早く、いつものなっちゃんに戻っておくれ(涙)



うみもなっちゃんと同じ「内弁慶」タイプな気がします…。

一週間ぶりに更新して、こんな長々とすみません!

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。