ぐりとなつ 

いつかなかよしになれるかな?
MENU

命日

4月24日、今年もベニちゃんの命日がやってきました。
7年も経ちました。

7-0424-1.png

↑この写真の日付…1996年4月28日ですって!!
もう20年以上の月日が…!?

ベニちゃんは95年の夏生まれなので、もう少しで1歳という頃でしょうか。
かわいいねぇ〜❤︎

5歳年上の兄貴、ジーザスと。

7-0424-3.png

そんなに仲は良くなかったふたりです(笑)


まだまだ若い3〜4歳のベニちゃん。

7-0424-2.png

ちょっとだけ昔話をします。

上のベニちゃんは、新しいアパートに引っ越した頃の写真で
一緒に住んでいた友人(けいちゃん母)が実家に戻る事になり
それを機に私と姉は小さなアパートに引っ越したのでした。
(しかも、そのマンションのかなり近くに!笑)

その数年後、再び仙台に戻ってきた友は
うちから徒歩2分くらいのアパートに引っ越して来ました(笑)


そして近所で茶トラの子猫を捕獲したのです。

それが『アンソニー』です!(私命名!!)
ジーザスと子猫アンソニー。

7-0424-4.png

ダンボース箱からジーザスに攻撃を繰り出すアンソニー。

7-0424-5.png
(この頃から部屋が汚くてすみません!)

寝ているベニちゃんに攻撃を仕掛けるアンソニー。

7-0424-6.png

友人はよくアンソニーを連れて遊びに来ていました。
一度、友人3人が泊まりに来て遊んでいた時に(姉は不在でした)
夜中に気付くと網戸が空いていて、猫どもの姿がない!!となったんですよ。

その頃に住んでいたアパートは1階の部屋で…
瞬間的に「大変だ!あいつら脱走した!」と。
みんなで部屋を飛び出て、暗闇の中を必死で探し回りました。

最終的には何とか3にゃんとも無事に捕獲できたのですが、
夜中に猫の名前を叫びながら、道路に寝そべって車の下を覗いたり
自分らのとても怪しい女たちっぷりに、ほっとしつつも笑いが止まりませんでした。

今となっては、忘れられない良い思い出です。
その時は超必死でしたけどね!!半泣きで探しましたよ!

あの頃は猫たちも飼い主たちも若かったんだなぁ…。


時は過ぎ、今はジーザスもベニちゃんも遠くへ行ってしまいました。

7-0424-7-1.png


そして、アンソニーも
色んなことがあったり、大病から生還したりと波乱万丈だった猫生を終え
先日、18歳で旅立ちました。

7-0424-7.png

ジーザスより8歳、ベニちゃんより4歳も長生きしたアンソニー。
アンソニーは頑張った!

私はアンソニーは幸せな猫生だったと思うな!
ちょっぴり羨ましいな!


これで90年代生まれの男たちは、みんな去ってしまったのかと
やっぱり悲しく寂しい気持ちにもなりますが

7-0424-8.png

それでも、あいつらが今どんなに遠いところに居るとしても
それはそれでいいんだ!

あいつらがどこで何をしていようとどうでもいい。
こちとら飼い主は、勝手に可愛い奴らのことを想っていればいい。
寂しさと悲しい気持ちはずっとここにある。それはもう仕方ない!治らないの!
みんな可愛い。今うちに居る子も居なくなった子もみんな可愛いの!!

何だか、とても執念深い(?笑)飼い主は
ベニちゃんの命日に改めてそう思ったのでした!(怖い〜)


関連記事
スポンサーサイト

16 Comments

サン says...""
恐くなんかないですよーっ(^-^ゞ!!
みかん72さんのニャンコちゃん達はとっても幸せだと思います!いっぱい愛されてるんだな~って☆
きっと、お空でニャンコちゃん達が、みかん72さんの事自慢してると思いますよ♪
今は、ぐり師匠、なっちゃん、ニキちゃん、うみちゃん達がビシッとしっかりとみかん72さん達のそばに居てくれるので安心して見守ってくれているといいな~ヽ(・∀・)ノ♪
2017.04.25 08:02 | URL | #- [edit]
れおまま says...""
いつまで経っても忘れる事なんてできやしませんよ。
一緒に過ごした時間は確かなものとして心の中に残り続けていますもの
幸せをたくさんくれましたものね。今は会えないけどまたきっと会える筈。
私もいつか旅立つときにはレオが迎えにくるんだと思ってます(変かしら?笑)

それにしても、ベニちゃんとジーザス君のお写真が、まんまココとカールに見えてしまいます。
そっくり~!!
もしかして、ベニちゃん&ジーザス君、ココカルとして生まれ変わって我が家にいるのかも~?
そんな風に思うと、みかん72さんと出会えたことは偶然なんかじゃなくて必然だったとさえ思えてくる。
2017.04.25 11:33 | URL | #- [edit]
ツナまん says...""
ベニちゃんに、ジーザスちゃんにアンソニーちゃん、
み~んな楽しい猫生を過ごせましたよ。

なんだか写真を見ていると「みかん72さん」はやっぱり茶色の子が好きなんだなぁとつくづく思いました(^O^)

それに関係ないけどアンソニーちゃんの名前、キャンディキャンディのアンソニー?
なぁんて勝手に思ってしまったり(^_^;)

どこの子も、虹の橋へ旅立ち、大好きな飼い主さんを見守っているんでしょうね。
2017.04.25 13:36 | URL | #- [edit]
きぐるみくまこ says...""
うん、かなり年季の入った茶トラフリークですね!
べにちゃんは、ころと似てるんですよ^^
ジーザスちゃん、べにちゃん、アンソニーちゃん❤
みんな幸せな猫生だったと思います。
なんか鼻の奥がツンとしちゃったよ。

それにしても、けいちゃんちともご縁が深いですね~笑
素敵な関係ですね!

2017.04.25 13:44 | URL | #- [edit]
neko-punchi says...""
アンソニーちゃんの猫生が幸せだったと思うって
ちょっぴり羨ましいってありましたけど
ジーザス君もべにちゃんもみかんさんと過ごした猫生は
決してまけずに幸せだったと思います(^-^)
今はあちら側からみかんさん達を見守っているのではないでしょうか。
最後の方にある「寂しさと悲しい気持ちはずっとここにある」
って一文に、私もあちらへ旅立っていった子を想い
涙腺崩壊してしまいました・・・
そして、いつか会える日が来るのを待ちたいです。
2017.04.25 17:38 | URL | #- [edit]
たちばな母 says...""
命日でしたのね。
密な時間を過ごした子達は特別ですね!

しかし、茶トラ率の高さ‼︎
ここになっちゃんの写真が混ざってても気づかないかも‼︎
2017.04.26 09:59 | URL | #YNqww1pM [edit]
オッティー says...""
いくら時間がたってもこういう節目にはしんみりと思い出しちゃいますよね。 偶然とはいえ茶トラで揃ってますね。
ベニちゃんは、ジーザスくんが大きいせいか小柄な感じでかわいいですね(笑)
2017.04.26 21:23 | URL | #- [edit]
yukiyamaneko says...""
アンソニーちゃんもベニちゃんもジーザスちゃんも
みんな幸せな一生だったことでしょう。

読むたび泣けてきてしまう、みんなあの子によく似ています。
脱走騒ぎでは思わず身を乗り出し、身につまされます。
2017.04.27 11:42 | URL | #- [edit]
みかん72 says..."サンさんへ。"
飼い主がどれだけ「大好きだよ!可愛いよ!」と思っていても
猫たちにどれだけ伝わっていたか、伝わっているのか?全くもって自信がありません!
現にこれだけ愛し、身体を心配し色々やっている私が、ぐりに姉より好かれていないこの事実!(涙)
まあ、それで良いんですけどね〜!一方通行で良いんです!(マゾか?)

でも猫飼いとしては年々レベルアップしていきたいものですよ〜!
2017.04.30 10:56 | URL | #- [edit]
みかん72 says..."れおままさんへ。"
ずっと忘れないでいるのは当たり前で、それは悲しい事ではないんですよね!
寂しいけど、悲しかったけど、最後に残るのはやっぱり愛しさなのです!
うちの子はみんなめちゃくちゃ可愛かったわ〜と。

ベニちゃんはともかく(笑)スコティッシュのジーザスとココちゃんは毛色もよく似ていますよね。
薄い茶色、ペットショップでは「クリーム&ホワイトタビー」と言われました。
結局、そのショップから血統証は送られて来なかったので、勝手に血統証ネーム
『ゴールド・サン・ズングリムックリ』と命名しましたけど!
同じ店から迎えた友人のアメショー『シルバームーンIt's New』からパクりました(笑)
(友人の家には血統証が来ました)

ヤフペを始めた時、最初にココちゃんとカールくんを見つけた時の
何とも言えない嬉しさは今も忘れられませんよ〜!
これはふたりのお導きかも…?
2017.04.30 11:12 | URL | #- [edit]
みかん72 says..."ツナまんさんへ。"
実家を出る前に、実家に初めて居ついた猫が茶トラの男の子だったんですよ。
(多分、ぐり一族とは違う野良ちゃん)
ジーザスはペットショップから迎えた子だけど、姉が拾って来た子猫も茶トラのベニちゃんで。
やっぱり最初に飼った子の毛色には特別な思い入れがあるように思います。
可愛いんですよ!茶トラの子を見るとみんな!!

アンソニーは勿論!キャンディキャンディからです!
私たちの年代でアンソニーと言えばそうでしょう!
二人で名前を考えたのですが、なかなか決まらず(カッコイイ名前とかも考えたんですよ?)
金髪(ベニちゃんより色が薄くて金色に見えました)だし、もうアンソニーでいいじゃん!という
私の一言でアンソニーに決まってしまいました。
晩年を過ごした旦那の実家では「アンソ」と呼ばれていたようです。
(そこまで言ったら「ニー」まで言ってぇ!)
2017.04.30 11:21 | URL | #- [edit]
みかん72 says..."きぐるみくまこさんへ。"
正直に言ってしまいますと、茶とらが一番好きですね!!私は!
茶トラや三毛猫しか近くで見ていなかったし、ぐりは変な毛色(なんと云う毛柄なのか?)だったし
にきが来るまで「キジトラ」とかっていうのもよく知りませんでした。
(なので、にきが来た当初「不思議な毛色?」とか言っちゃってて今思うと恥ずかしい…)
多分、一生「茶トラ大好き人間」のままでしょうね(笑)

飼い主としては野良猫生活よりは幸せな猫生だったのでは?と思いたいです。
けいちゃん母とは高校の頃からの付き合いで、何だかんだで結婚してもうちの近くに住んでるし
(結婚後に引っ越しても!笑)
今はもう身内?3姉妹?くらいの関係ですよね。
2017.04.30 11:35 | URL | #- [edit]
みかん72 says..."neko-punchiさんへ。"
ジーザスを10歳、ベニちゃんを14歳で亡くしてしまったので
やっぱり、自分が至らなかったと責める気持ちはずっとあるんですよね。
もっと長生きさせられたのでは?と後悔ばかりですよ。
沢山可愛がったという自信と、その懺悔の気持ちは今後もどうしたって消えそうにないのです。
それは仕方ないことです!

私は自分本位な人間なのか、ジーザスやベニちゃんが私が死ぬまで待っていてくれなくて良いんだよ〜!
死んでからあんたたちに会いに来てもらえなくて良いから!大丈夫だから!(酷い)
それより生まれ変われるなら、とっとと生まれ変わって会いに来てくれたら嬉しいし。
どこかで自由に生きてくれていても全然良いんだよ〜って思っています。
自分が死ぬまでこっちが勝手にあいつらを想っているだけで良いのです!(笑)
2017.04.30 11:47 | URL | #- [edit]
みかん72 says..."たちばな母さんへ。"
先日、ワクチン接種になっちゃんを連れて行った時に先生がなっちゃんに「赤トラ!」と言って
そう言えば昔(それこそ20年前…)は茶トラより赤トラと言っていて
だから、すごく濃くて赤っぽい茶色のべにちゃんを「べにまる」(漢字だと紅丸)と名付けたのでした。

ベニちゃんに比べるとアンソニーはかなり薄い茶色で、なっちゃんも子猫の頃はそうだったのですが
成長するにつれて、少しづつ色が濃くなってきました。
今はベニちゃんとアンソニーの中間くらいです。

目の色もそれぞれ違っていて、同じ茶トラでも不思議なもんですね〜❤︎
2017.04.30 12:34 | URL | #- [edit]
みかん72 says..."オッティーさんへ。"
生まれた日は分からないので、せめて家に来た日と旅立った日くらいは。
そう言えば、ジーザスはペットショップから連れてきたのに正確な日付を覚えていないです!
春休みだったから3月と云うことくらいしか…!v-12(飼い主失格!?)

ベニちゃんは生涯4.2kgでした。今のうみと同じくらい?(ジーザスは最大7kg近く…)
でも、うみの方が顔が小さいから小柄に見えます。
体の大きさが違うので、ベニちゃんとなっちゃんは似ていないわ!なんて思ってしまいます。
2017.04.30 12:42 | URL | #- [edit]
みかん72 says..."yukiyamanekoさんへ。"
「うちの子で幸せだったか?」なんて
本猫に聞いてみたいけど、怖くて聞きたくない気もしますね〜
飼い主はどうしたって、可愛い子を亡くしたら後悔するし自分を責めたいです。
「本当はもっと!」とか思ってしまいますよね。…正解はないんですけどね。

ベニちゃんはマンションの3階に住んでいた時に1回、アパートの1階に住んでいた頃は3〜4回脱走しました。
実家で過ごした子猫時代3ヶ月くらいの間にも何度も脱走して母親と兄と探しまわりました!
脱走中に木から降りれなくなったり、野良猫に噛まれて脇の下から流血したこともあります!!
1度は諦めかけましたが、数時間後に「どしたの?」って感じに戻ってきました。
今のマンションに引っ越してからも出窓の網戸を破ってベランダに出たこともありました。
今いる4にゃんはあまり外の世界には興味がないようです。

猫を飼いだして25年くらい、そんなこんなを経て未だ立派な猫飼いとは言い難い自分です。
今いる子がどんなに可愛くても、亡くした子への悲しみや寂しさが完全に癒えることはないです。
ぽっかり空いた穴は少しずつ小さくなっていきますが、きっと自分が死ぬまで閉じることはないです。
でもそれはそれで良いんだと思います!

猫飼いとして、これからも成長していくしかないです!!
この歳になっても成長する余地がまだまだあると前向きに思うしかないッス!!
2017.04.30 12:59 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gurinatsu.blog137.fc2.com/tb.php/1356-9e9e866e
該当の記事は見つかりませんでした。