ぐりとなつ 

いつかなかよしになれるかな?
MENU

即席。

私のベッドですやすやと眠る、うみさん。

9-0315-1.png



近頃ぐりが私のベッドに乗ったり
出窓で日向ぼっこをするようになったので

上る時は良いとしても降りる時が心配なので
即席で踏み台を作ったのです!

9-0315-2.png

ベッドの下に置いているシーツとか布団カバーを入れている
ケースに100均で買ったマットを貼り、ちょっと引き出す!
…というだけのもの。製作費たった300円!(笑)

ちなみに姉のベッド下にある自作踏み台→『ぐりの踏み台』
(製作費4000円くらい)←高っ!


ぐりは早速、階段のように使ってくれています❤︎

9-0315-3.png

日向ぼっこ気持ちいいね!ぐり〜❤︎
(なんか変な顔していますが…)


一方、布団の上でぬくぬくと眠る、うみさん。

9-0315-4.png

どっちも暖かそうですけどね❤︎




おまけ。
ごはんを待ち続けているふたり。

9-0315-5.png
(なんか床に色々落ちていてすみません!)

ぐりは何故、なっちゃんにそんなにくっ付いて…?
しかもなっちゃんのお皿の前で?

いつもはちゃんと自分のお皿の前で待っているんですよ?
ボケたりは…していないはずです!大丈夫です!(笑)


関連記事
スポンサーサイト



6 Comments

たちばな母 says...""
ぐりちゃんもうみちゃんも気持ちよさそうに寝ているね。
ぐりちゃんお日様の良い匂いがしそうです。

なっちゃんと仲良くご飯待ち〜
なっちゃんの方が美味しいものが出てくると思ってる?
2019.03.16 09:14 | URL | #YNqww1pM [edit]
オッティー says...""
窓辺は気持ち良いし登りたいよね~
若い時は気にしなくていいけど、登るのが大変だったり降りる時怪我しないかとか心配しちゃいます。
うちもいろいろ足場は工夫してましたよ。
それにしても最近、ぐりちゃんとなっちゃん仲良いな~
2019.03.16 09:21 | URL | #- [edit]
yukiyamaneko says...""
即席とは思えないほどの出来ですよ~♪
いろいろ考えていてみかんさんの猫愛に溢れていますね♡

うちのみゅうでも猫タワーのてっぺんまでは登りませんし、
テーブルの上に乗る時にも椅子でワンクッションとって登っていますね~
みゅうは特に体重が重いですから、骨折が心配です。

ぐりちゃんなっちゃんが並んでご飯待ち^^
ぐりちゃんの食欲が出てきて嬉しいですね。

2019.03.18 12:27 | URL | #- [edit]
みかん72 says..."たちばな母さんへ。"
外は多少寒くても部屋の中、太陽の光があたっている時間は
ぽっかぽか〜ですからねv-238

なっちゃんは最近、自分のごはんが一番美味しくないんじゃないかと
疑い始めているようで、ぐりやにきのカリカリを奪おうとしています…。
そして、ぐりはそんななっちゃんの残したカリカリを食べています!v-12
2019.03.19 01:44 | URL | #- [edit]
みかん72 says..."オッティーさんへ。"
どんな心境の変化か、突然私の部屋のベッドに上ったり
出窓で寝たりするようになった、ぐりなんですよ〜!
多分もう、今のぐりには何も怖いものが無くなったんでしょうね(笑)
(病院以外?笑)

やっぱり高いところから降りる時は危なっかしい感じがします。
でも、盗み食いをするためにテーブルに上がっていて見つかると
素早く飛び降りたりするのを見ると「ぐり…?v-12」って…。

2019.03.19 01:53 | URL | #- [edit]
みかん72 says..."yukiyamanekoさんへ。"
いやいや、プラスチックのケースに
100均のカーペットマットを貼っただけですから!(笑)
本当は自分の部屋にも踏み台を置こうと思ったのですが
ベッドの下にちょうど良いのがあるじゃん!と気付いたのです(笑)

大昔、今は亡き友人の猫アンソニーが2階の吹き抜けから1階に飛び降りて
(何故そんなことをしたのか?!)
後ろ両足にヒビが入ったという事があったので、それ以来ちょっと
心配性になっている私なのです。
それまで猫って多少高いところから飛び降りてもうまいこと
着地できると信じていたんですよ〜v-12
2019.03.19 02:04 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gurinatsu.blog137.fc2.com/tb.php/1580-79d0a6b2
該当の記事は見つかりませんでした。