ぐりとなつ 

いつかなかよしになれるかな?
MENU

ぐり。

悲しい報告になってしまいます。

私たちの可愛い可愛いぐりが夏を待たずに旅立ってしまいました。

まさかの最後までジンクスが発動するとは思っていませんでした。
「元気です」なんて書かなければよかった。
でも本当に急変する当日の朝までぐりはご飯を普通に食べていたのです。

先週の月曜日6月10日、私より先に帰宅した姉が「ぐり鼻血出てる。ご飯食べない」と
連絡を寄こしたのが20時半頃、そして私が帰宅したのが21時ちょっと過ぎ。
すぐにいつもの病院に行き、止血と抗生剤等の注射をしてもらい家に戻ったのが23時。
そして24時を過ぎた頃にぐりが突然痙攣を起こしました。

翌日、掛かりつけの病院に電話でぐりの様子を話し痙攣を止める薬を貰いに行き
夜に病院に連れて行ってみると「これ以上検査をするのも可哀想。このまま家で看取ってあげて下さい」
と言われました。(診てくれたのはいつもの担当の先生ではありません)
それから2日後の木曜日になっても、ぐりは昏睡状態のまま時々痙攣を起こし、それでも生きていました。
あまりにも苦しそうで可哀想なので木曜日の夜明け前に夜間の救急病院に連れて行きました。
このまま死を迎えるとしても、せめて少しでもこの症状を和らげて欲しいと先生にお願いしました。

その日から3日後の日曜日6月16日の夜、日付が変わる少し前にぐりは姉と私、なっちゃんに看取られて
まるで眠るように穏やかに息を引き取りました。
ぐりは6日も戦い頑張ったのです。

今考えても、あの日ぐりの身体に何が起こっていたのか。
正確なことは私たちには分かりません。
ただ、せめて血液検査なりの検査をしてもらっていたら?…とか。
いつもの病院でなく夜間救急病院に行っていたら結果は変わっていたのだろうか?
救急病院の先生は血液の数値を見て「自分だったら家で看取ってとは言わないだろう」と、確かに言った。
自分たちの選択や決断が間違っていたんだ。どうしてもっと最善を尽くさなかった?
いや、その前に残業なんてしないでもっと早く家に戻っていれば?
何度も何度もぐるぐるとそんな事ばかり考えてしまいます。
後悔ばかりです。
でも今さらいくら悔やんでもぐりは帰ってはきません。
ぐりはもう、この家のどこにも居ないのです。


うちの子で本当に幸せだったかな?自分達は良い飼い主だったのだろうか?
2匹の先代猫を亡くした時にもそんな思いでいっぱいでした。
どんなに可愛がっているつもりでも最後はやっぱり後悔や反省ばかりです。

ぐりはうちの子で幸せだったのかな?
うちに連れてきて半年もしないうちに手術をして、10年で3回も手術をして色んな病気になって
この子は長生き出来ないのかも?なんて思い続けて来たけれど、それでも18年。
そんなぐりが18才までよくぞ頑張った!偉いよ!立派だよ!
長いこと押入れやクローゼットに潜んで暮らして「家庭内野良猫」状態だったけど
2010年になっちゃんがやって来て、そんな生活も少しずつ変わってきて。
今となってはベニちゃん(先代猫)より、なっちゃんとの付き合いの方が長いんじゃない?
ちょっとはなっちゃんのこと好きになったんじゃない?
1年後には女の子のにきちゃんがやって来て、初めて自分の方が強い!ってケンカしたりね。
3年前にはうみがやって来てね、うみは凄かったよねぇ?
なっちゃんとは別な意味でグイグイやって来て、一緒に寝たり毛づくろいしてくれたり…
ねえ?ぐりちゃん。なんだかんだ楽しい日々だったんじゃないかな。
なかなか愉快な猫生だったんじゃないでしょうか。


以前から私は、亡くなった先代猫たちには自由になってくれて良い!
虹の橋のたもとで待っていてなんてくれなくて良いからね?という考えの人間です。
でも先代猫たちと違い、ぐりのような面倒くさくて変わってる猫は、
きっと私たち以外の人間とは上手くやっていけそうにないだろうから、もしも、
もう一度、猫に生まれてくるんだとしたら、その時は必ず私たちの元に来て欲しい。
猫じゃなくても戻って来て良いよ!
でも、もう一度お前を養うには、おばあちゃんになってからではちょっと厳しいからなるべく早くね?
旅立つ前に、ぐりとそう約束をしました。


今でも隣の部屋の姉のベッドの上でぐりは寝ているんじゃないかと思ってしまいます。
もしかしたら本当に普通に寝ているのかもしれません(霊的な意味で!)
私の想像の中のぐりはいつもの可愛い顔で寝ています。
本当にそうだったら良いのになあ〜と思います。(霊でも!)



このブログをずっと見てくださっている皆様も
ぐりを可愛がっていただき本当に有難うございました。

ここ数年は病状報告みたいな感じでご心配ばかりおかけしてしまいました。
もし皆様の心の中にも少しでも残るものがあるならば、
どうか可愛い元気なぐりだけを憶えていてもらえたら嬉しく思います。


ちょっとおデブ(ちょっと?)で
鈍臭くて食い意地が張っていて、そしてめちゃくちゃ可愛いの!

こんな感じで!



9-0621-1.png


9-0621-2.png


9-0621-3.png


9-0621-4.png



9-0621-5.png



にきと。
9-0621-6a.png


うみと。
9-0621-7a.png



なっちゃんと。
9-0621-8.png


なっちゃんは、ぐりが倒れた日からずっと飼い主と共にそばの猫ベッドに陣取り
ぐりを見ていました。

それが日曜日になってからは私の部屋のベッドでにきと一緒に寝ていたのですが
突然ふらっとやって来て驚くことに、その数分後にぐりは眠ったまま静かに旅立ちました。
なっちゃんは何故かぐりに背中を向けてじっと座っていました。
そして火葬に向かう最後の時も、なっちゃんだけ挨拶をしにやって来ました。
この時はぐりの鼻にスンスンとしました。

賢いなっちゃんには色々と分かっていたのでしょうか。


なっちゃん、本当はぐりのこと好きだったんでしょう?!

9-0621-9.png


ぐりとなつ。
仲良しになれたんじゃあないかと、思います!


関連記事
スポンサーサイト



16 Comments

hiyoribi says..."ご冥福をお祈りいたします"
おはようございます。
突然のお知らせでかける言葉がありません。
何回かコメントを残させていただいていましたが(ブログをはじめて何周年記念の時など)、
仕事で疲れた後に電車でこちらのブログを読んで、ぐりちゃん、なっちゃん、にきちゃん、うみちゃんの
様子を見るのが楽しみでした。心が癒される感じがして、大好きなブログです。
うちにも18才の黒猫ちゃんがいますので、お気持ちを考えると何も言えません。
ただ、にきちゃんのいつもボッ~とした穏やかな表情は本当に幸せに見えて、
大好きなご家族や仲間と過ごせた時間はにきちゃんにとっても穏やかな時間だったと私は思います。

今はおつらいでしょうし、気の利いた言葉も残せませんが、ぐりちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。
2019.06.21 09:29 | URL | #v8QjPvAY [edit]
hiyoribi says..."ご冥福をお祈りいたします"
おはようございます。
突然のお知らせでかける言葉がありません。
何回かコメントを残させていただいていましたが(ブログをはじめて何周年記念の時など)、
仕事で疲れた後に電車でこちらのブログを読んで、ぐりちゃん、なっちゃん、にきちゃん、うみちゃんの
様子を見るのが楽しみでした。心が癒される感じがして、大好きなブログです。
うちにも18才の黒猫ちゃんがいますので、お気持ちを考えると何も言えません。
ただ、にきちゃんのいつもボッ~とした穏やかな表情は本当に幸せに見えて、
大好きなご家族や仲間と過ごせた時間はにきちゃんにとっても穏やかな時間だったと私は思います。

今はおつらいでしょうし、気の利いた言葉も残せませんが、ぐりちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。
2019.06.21 09:29 | URL | #v8QjPvAY [edit]
ricca says..."ぐりちゃんありがとう"
mikan72さん、お姉さま、ぐりちゃんをなくされ、心よりお悔やみ申し上げます。 ブログの文章が大好きで、いつも楽しく、また、応援して拝見しておりました。 ぐりちゃんの何年にもわたる、数多くの華麗な復活には、喝さいをあげておりましたし、また、強い遺伝子だとうらやましくもありました。強くて可愛らしいおっとりしたぐりちゃん、どんなことがあってもごはんを食べる(本当にうらやましい)とてもとても偉いぐりちゃん、ありがとうございました。

人間の皆さんは悔いが胸を突く日々が続かれるかもしれませんが、ずっと家で一緒にいて最期を穏やかに迎えられた、ということが、たぶん最善のみちをぐりちゃんが選んで、そのように人間を動かしたということのように思えます。 なっちゃんも含めて、心が通じておられますものね。

せっかくブログをやられているのですから、つらいことがあったらたくさん吐き出されてください。そして、これ以上ない悲しい中に、すぐに記事を書かれたこと、強いお心に敬服いたします。

なっちゃん、にきちゃん、うみちゃんの猫社会関係も変化があるでしょうが、みんな毎日楽しく元気に過ごせますように。

2019.06.21 14:35 | URL | #- [edit]
たちばな母 says...""
ぐりちゃ〜ん、頑張ったね。
最近、他の長く見ているブログのニャンコさん達も旅立って行きました、の報告が何件かあって、悪い予感がしてたのです。

でも、ぐりちゃんは良い感じだから〜とおもっていたところでした。

みかんさん、お姉さんありがとうござます。
お家で、なっちゃん達に見送られてぐりちゃんも良かったと思います。

なんやかやでもなっちゃんはぐりちゃん大好きだったのね。
「これからのことは俺に任せろ」な感じかな?(にきちゃんのお尻にひかれてら感じもするけど)

ぐりちゃん、お空の上で他のニャンコ達と遊んでるかな?
ご飯待ってる後ろ姿見られないの寂しいけれど、またね!だね。

おつかれ出ませんように!

(涙で鼻ズルズルで、変換おかしいかもしれません}
2019.06.21 18:53 | URL | #qjKXimFw [edit]
yukiyamaneko says...""
なっちゃんとチビのご縁でヤフーペットからぐりちゃんの大ファンでした。
ホタルしっぽにポテポテ歩きの可愛いぐりちゃんにどれだけ癒されてきたか。
いつかこんな日が来ることは分っていてもいざとなるとどれだけ
苦しいか悲しいか、みかんさんお姉さんのお心を考えて本当に辛いです。
なっちゃん、最後までぐりちゃんの傍にいてくれてありがとう。
ぐりちゃんもお家でみんなに看取られて幸せに天国に行きましたよ。
ぐりちゃん、いつまでも忘れないよ~。
ぐりちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
みかんさんお姉さんもどうぞお身体をおいたわり下さい。

2019.06.21 19:55 | URL | #- [edit]
れおまま says...""
ぐりちゃんに出会ってから10年近い時が流れたのかな
ヤフーペットで初めてぐりちゃんを見たときから、ずっとぐりちゃんのファンでしたよ。
ふわっとした優しいお顔、まるっとした身体、ぽてぽて歩きの可愛らしさ。
ぐりちゃんは癒しの猫さんです。
ぐりちゃん、よく頑張りましたね。
みかんさん、お姉さま、ぐりちゃんは最後まできっときっと幸せだったと思います。
そして、ぐりちゃんとなっちゃんは仲良しだったと思いますよ。
賢くて優しくて寂しがりのなっちゃんの事が心配ですが、にきちゃん、うみちゃんが癒してくれるかな。
みかんさんも、お姉さまも、どうぞお身体ご自愛くださいね。
2019.06.21 21:04 | URL | #- [edit]
neko-punchi says...""
ぐりちゃん、逝ってしまったのですね。
ぐりちゃんのポテポテ歩きが大好きでした。
暫く更新が無かったので、もしかしたらぐりちゃんの
具合が悪いのかも、でも、いつものように
「ぐりは元気です」って更新されると信じてたんです。
みかんさんが色々と後悔されるお気持ち
本当にお辛いと思います。でも、ぐりちゃんは
大好きなおねえさんとみかんさんと皆のいるお家で
最後の時まで一緒に過ごせて絶対に幸せだったと思います。
ありきたりの言葉しか出てこないのですが
ぐりちゃん、お疲れ様でした。
ゆっくりと休んでくださいね。
みかんさんもおねえさんも、どうぞお体ご自愛下さい。
2019.06.21 22:17 | URL | #- [edit]
ラッキーの母 says...""
まさか、まさかと思いながらここ数日ブログを拝見しておりました。ただただ寂しくて涙がこぼれます。ぐりちゃんは初めてブログで見て大好きになったネコちゃんです。ぐりちゃんの幸せそうな姿に癒されました。飼い主さまの愛情深い眼差しが伝わってきてこちらも幸せな気分になります。どうかお気を落とされませんように。愛情たっぷり受けてぐりちゃんは幸せなネコちゃんですよ。
2019.06.21 23:01 | URL | #- [edit]
マーシーママ says...""
ぐりちゃん、とうとう逝ってしまったのですね…
悲しいですね…涙がとまりません

命あるものいつかは…と、分かっていてもいざその時がくると堪えます

ぐりちゃんのポテポテ歩きが好きで、愛らしい姿にいつも癒やされていました。
最期の6日はみかんさん、お姉さん、なっちゃん達と少しでも長く一緒に居たいと頑張ったのでしょう

偉いね、すごいね、賢いね…
ぐりちゃんは本当に凄いよ

ぐりちゃん 今までありがとう

みかんさん、お姉さんもまだまだお辛い中ご報告下さったことに敬服いたします。
ぐりちゃんは、みかんさん、お姉さん、なっちゃん、にきちゃん、うみちゃんの元で楽しい猫生だったと思います。

どうぞご自愛下さい。


2019.06.21 23:06 | URL | #- [edit]
オッティー says...""
ヤフーペットで、なっちゃんが小さかった頃にぐりちゃんと出会ってもう10年前になるんですね。 当時は なっちゃん にいじめられたりして微妙な関係でしたけど、にきちゃん ・うみちゃん と次々増えていくニャンコに戸惑いながらも順応していく姿に癒されてました。 以前は片手でしか触れないと言ってたのに、最近ではお姉さんの膝に乗ったり、なっちゃんと近くで寝たりと、念願の仲良しさんが達成されましたよね。
ぐりちゃんは良い家族に恵まれて、本当に幸せだったと思います。
2019.06.22 08:24 | URL | #- [edit]
マーシーパパ says...""
ぐり君、よくガンバったね
みかんさんもお姉さんよくガンバった!
選択に間違いなんてナイよ
ぐり君のご冥福をお祈りします。
2019.06.22 09:29 | URL | #- [edit]
かわ says...""
長い6日間でしたね…
お疲れ様でした!
みかん72さんも、お姉さんも、そしてもちろんぐりちゃんも。
ぐりちゃんは、本当にがんばり屋さんだったんですね~!
ずっと食欲があって、体重も体力もあったのも理由なんでしょうね。

うちのコタも、半日 発作を繰り返して、発作中に逝ってしまいましたが、半日でもものすごく長く感じました。
6日間とは…ちょっと想像がつかなくて、言葉が見つかりません。
どんなに辛い6日間だったことでしょうか。
本当にお疲れ様でした!
ゆっくりお休みになってください。

気の利いたことが言えなくてごめんなさい…
2019.06.22 19:58 | URL | #SFo5/nok [edit]
るーちゃま says...""
突然のことで、かける言葉がみあたりません。今はただただお悔やみを申し上げます。
いつでも後悔はついてきますが、ぐりちゃんは本当に幸せだったと思います。ぐりちゃんは本当にすごい猫です!よくがんばったね!
お家で旅立てたことは、ぐりちゃんも、なっちゃん達にとっても幸せだったと思います。

今は寂しくて辛いと思いますが、そんな気持ちを我慢したり抑え込まないでくださいね。
私もぐりちゃんはそばにいると思います。

私もぐりちゃん、だいだい大好きです。これからもずっと忘れません。

2019.06.23 13:50 | URL | #- [edit]
milktea says...""
ぐりくん...幸せでしたね...。
みかんさんとお姉さまの愛情たっぷりに包まれて。
ぐりくんとなっちゃんをヤフペで見せていただくようになり
その後もブログやインスタを拝見させて頂いていてはや9年...。
とっても可愛くて愛しいぐりくんでした。

ぐりくんのご冥福をお祈りいたします。
2019.06.24 09:10 | URL | #- [edit]
サクライジュンコ says..."ぐりちゃん、ありがとう。"
にきちゃんが来て少し経った頃から、ずっと楽しく拝見し、時々メッセージを書き込ませていただいていました。途中PCの故障や、自分の体調不良などで拝見できない時期もありましたが、近年はぐりちゃんのことが心配で、ブログを訪問するたびに「良かった元気で居てくれる」とホッとしていました。みかんさん、お姉さん、心からお悔やみ申し上げます。なっちゃんは、お見送りしてくれたんですね。   きっと、よく小競り合いしていたなっちゃんも、シャイで控えめなにきちゃんも、無邪気で天真爛漫なうみちゃんも、ぐりちゃんのことが大好きだったと思います。もちろん私もぐりちゃんのこと大好きです。美しい青い瞳も忘れられません。ぐりちゃん、お疲れ様。ありがとう。
2019.06.28 23:25 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019.06.30 10:06 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gurinatsu.blog137.fc2.com/tb.php/1598-9a70638d
該当の記事は見つかりませんでした。