ぐりとなつ 

いつかなかよしになれるかな?
MENU

野次猫

またもや飼い主不信になっている、ぐりさんです(笑)

言っとくけど、全部おまえの為なんだからね!
飼い主の愛なんだからね!

2-0923-1

ね〜?ぐりおいでぇ〜 ご飯あげるよぉ〜(不味いやつ)
※急に猫なで声

2-0923-2

にきも怪訝そうな顔で見ています。

2-0923-3

寝ていたなっちゃんまで顔を出しました!

2-0923-4

なっちゃんをのけ者にして、
何か楽しい事をやっているとでも思ったのでしょうか?(笑)
わざわざ見に来なくても!!


ちなみに、今現在は…

ぐりは私の部屋の入り口で寝ています。
機嫌直ったか?


沢山の励ましのコメントを有難うございました。
とても為になるお話も!!

色々調べてみて、血液検査の数値的に
ぐりは本当に初期の段階で発見出来たんだと思いました。
猫は我慢出来るので、目に見えて症状が出た時には
かなり進行している状態らしいのです。

その前に発見出来たのは、ぐりは本当に運が良いのかもしれません。
流石、今まで3度も手術をしても、元気なおデブ野郎なだけあります!

ぐりは「健康診断」をしたのは初めてなのですが
2008年と2010年で3回血液検査をしていました。
(具合が悪かったり手術をしたりで)
去年は何事もなかったので検査もしてなくて…去年のデータがないので
どの時点で悪くなったのかは、ハッキリとは分かりません。

去年から徐々に悪くなっていったのか…
それとも最近になって一気に悪くなってしまったのか?

一応、2010年の12月、9歳までは健康な腎臓だったみたいです。

年を取るとどうしても…っていうのは先生も言っていましたが
るーちゃまさんも仰っていたように、若い子でもかかる時はかかるとも先生も言っていました。

なので、何歳以降から検査を〜!とまでは、私も言えないのですが…
やっぱり、ちょっとでも気になったら調べてみるのも良いのかもしれませんね?
猫ちゃんにはストレスになってしまうかもですけど〜!(泣)

でも、どんなに食事に気を付けていても防げない事もあるなんて…
何だか切なすぎますよ!!

関連記事
スポンサーサイト

12 Comments

アサンテ says...""
今日一日、ぐりちゃんのことばっかり考えていました。
ぐりちゃんのこと、大好きなの。
だから、ごはんおいしくなくても頑張って食べて、
お水もいっぱいいっぱい飲んで、
ずっとずっと「ぐりとなつ(とにきちゃん)」で
可愛いお顔見せてね。
心から応援しています。
2012.09.24 00:04 | URL | #- [edit]
yopikari says...""
自分も猫と暮らす身なので
とても他人事とは思えないです。
気を遣われて、また自分を鼓舞されるために
楽しい口調で書かれていらっしゃいますが
心境いかばかりかと思うと・・・

たたかう覚悟、しかと受け取りました!
そんなみかん72さん、ぐりちゃんを応援する
人たちはたくさんいます!!

我が家も年一回の予防接種と触診はしてもらいますが
血液検査は全然・・・
飼い主が気にしないでどうする!と反省しました。
ありがとうございます。
2012.09.24 02:31 | URL | #kPi39wuw [edit]
ツナまん says...""
「ぐりちゃん」・・・、ひねくれモードだけどね、
「ぐりちゃん」のことを思って不味いカリカリを出さないといけない、
「みかん72さん」の気持ちもくんで~~(T_T)
って「なっちゃん」の、ぬっ!って出てきた顔!!のけ者にされたくなかったんですね、「なっちゃん」をのけ者になんて誰もしないから、安心していいんだよっ!!

「みかん72さん」悲観的とかになっては「ぐりちゃん」に伝わってしまいますから、ここは空元気でも、いつもの「みかん72さん」でいてくださいねっ!!
2012.09.24 14:01 | URL | #- [edit]
れおまま says...""
できる事を、全てしてあげれば良いのだと思います。

愛しければ愛しいほどに、不安は募るものですが、
大切なのは、愛情を感じながら生活をしている猫さんたちが、
日々をゆったりと暮らせてるという事かと。

だから、みかん72さん、
ぐりちゃんの前では笑顔でいてあげて下さいね。
ぐりちゃんが幸せならば、みかん72さんが幸せであるように、
みかん72さんが幸せならば、ぐりちゃんも安心していられます。

たたかいは笑顔でね♪

先代レオは3歳ごろに大きな手術をして、以降、慢性的な腎不全でしたが、20歳まで元気で傍に居てくれました。療法食を食べてる以外、病気を感じさせるものもありませんでした。

最初に手術になってしまったのは、多忙な飼い主が早めに様子がおかしい事に気づいてあげられなかったせいで、2件の病院で諦めるように言われ、3件目に連れて行った病院で緊急手術をして頂いて命を救って頂きました。その時には、腎臓がかなり弱ってしまっていたのです。でも、それでも、それからのたくさんの時間を元気いっぱいに(ご近所の飼い猫仲間のボスでしたよ)過ごしました。

だから、初期の段階で気づいてあげられた、ぐりちゃんは、きっと、きっと大丈夫ですよ!!!
2012.09.24 14:28 | URL | #- [edit]
shah-san says...""
こんばんは

ぐりちゃん、ここは早めに見つかってよかった、
と言うところなんでしょうね。
初期は自覚症状ないという話ですし。
療法食、種類はあるようですから、
お医者さんと相談して、食べそうなものを探すのが
最初ですかね。
何か食べてくれればいいんですが。
頑張ってね、療法食。
2012.09.24 21:40 | URL | #- [edit]
オッティー says...""
ぐりちゃんは、いつもの警戒モードですね。 でもまたすぐにいつものぐりちゃんに戻りますよね。 うちも一緒です、病院に連れていった直後は、飼い主の動きを一部始終監視されてます。 少しでも怪しい行動を取ると逃げていきます(笑)でもしばらくすると元通りです!
2012.09.24 22:13 | URL | #- [edit]
かわ says...""
ごはんあげるよ~
の、猫なで声を聞いて、なっちゃんも起きてきたんでしょうか。(^m^
ぐりちゃん、療法食は食べてますか?
いやいやでも食べてくれればいいですけど、頑固な子は難しいですよね…

お大事にしてください!
2012.09.24 23:16 | URL | #SFo5/nok [edit]
JOE says...""
はじめまして。いつも楽しく拝見しています(*^^*)
ぐりちゃん、なっちゃん、にきちゃんの毎日のドタバタにとても頬を緩ませてもらってます。
我が家の猫が12歳で初期の腎不全と診断され、2年が経ちました。
最初は療法食もなかなか食べてくれず、神経質になったりもしました。
ぐりちゃんのこと、不安な気持ちで一杯でしょうが、
広い気持ちで前向きに頑張ってくださいね。
これからも3にゃんを応援しています\(^o^)/
2012.09.25 19:08 | URL | #- [edit]
つくね♂ says...""
応援してますよ。
うちに、手の施しようのないワンコが週末だけやって来ます。
せいいっぱい世話をしますが、何とも遣り切れない思いです。

初期に発見されたのは幸運だと思います。

病気とうまく付き合っていけますように。
2012.09.25 19:59 | URL | #- [edit]
みかん72 says...""
アサンテさんへ。

有難うございます。
そこまで言って貰えて、ぐりは幸せ者ですよ〜!
ぐりは案外しぶとい男です!大丈夫ですからね!!
飼い主とぐりを信じてやって下さいませ!


yopikari さんへ。

先代猫2匹を何も出来ないまま亡くしてしまったので
その時の後悔や反省や経験を経て今がある訳です!!
同じ過ちを繰り返したいとは絶対に思いません。
飼い主として成長のないままで良い訳がありません!
出来る事を力の限りやるだけですよ〜!!!

本当は、便や尿の検査もして貰った方が良いですよね!


ツナまんさんへ。

まあ、一晩寝れば機嫌も治るんですけどね〜!
立ったまま近付かれると逃げるのはいつもの事ですしね…v-406

私は全く悲観的になどなっていないですよ?!
それどころか自分自身に「でかした!!」と褒めたい気持ちなのです。
姉も「あんたすげえよ!!」とマジで褒め讃えています(笑)
この沸き上がる我がパワーを何とかぐりに分けてあげられないものか…?
(どうやって!)


2012.09.28 19:10 | URL | #- [edit]
みかん72 says...""
れおままさんへ。

レオくんのお話…とても心強く思いました!!
有難うございます!
一度死んでしまったら、もう戻らないと言われている腎臓を
3歳の時に悪くして…そこから17年間も元気に過ごしただなんて!
やっぱり、れおままさんはただ者じゃありませんね?!
師匠と呼ばせて頂くしかないですわ!もう!!(本気)

バカバカしい事をしては毎日笑っている我が家なので
これからも、そんな感じで行きますよ〜!大丈夫ですよ!


shah-san さんへ。

そうなんですよ〜。
猫は本当に限界まで耐えて頑張ってしまうんですって!
なので、症状が出る頃には、かなり悪化している事が多いみたいです。
ぐりも症状が出るまでそのままだったらと思うと…怖いですね。
病院はお薦めの療法食が決まってるみたいなので、独自にネットで入手して色々試してみようと思っています。


オッティーさんへ。

他の奴らはそこまで警戒しないんですけどね〜
アホだからすぐに忘れるし、キャリーにも入るし…(笑)
でも、ぐりだけは普段から80%くらい警戒して生きているので
(飼い主さえも!!)
病院後やブラッシング、投薬後なんかは警戒心120%になっちゃってますから〜!!v-12
どんな猫なんだ…ぐりよ…(泣)
2012.09.28 19:31 | URL | #- [edit]
みかん72 says...""
かわさん。

ぐりは今まで食べなかったものは、2〜3種類しかないので
(しかも、こだりのお高かったフード!v-12
今の所、療法食2種類は問題なく食べてはいました。
が、ちょっとピーになっちゃって…。
早く胃腸が慣れてくれると良いんですけどね〜


JOE さんへ。

初めまして!
ご訪問、コメントを有難うございます。

やっぱり、猫ちゃんには腎不全は多い病気なんですね…
あんなに小さい頃から食事には気を付けていたのに!
おやつだって人間の食べ物だって与えた事なんてないのに〜!
…と、最初は悔しく思いましたが…
いくら気を付けていたってなる時はなるんだ。
人間だってそうだ!
って思ったら、あとはもう、いかに上手く食い止めるしかないですもんね!!
頑張りますよ〜!

相変わらずアホな毎日を送っている、こいつらですので
また遊びに来てやって下さいませ〜v-238


つくね♂さんへ。

本当に、初期で発見したっていうのが唯一の救いだと思います。

動物と暮らすってことは、とても切ないことなんだって…
何度別れを経験しても慣れる事はないし、辛い事です。
でも、それでもまた猫と一緒に暮らしたいと思ってしまうのでしょう。
私はですよ〜。

1日でも1分でも一緒に居られるように頑張りますので!
2012.09.29 00:25 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gurinatsu.blog137.fc2.com/tb.php/499-b43dd6d2
該当の記事は見つかりませんでした。